まなブロ by 本山勝寛

「学びのエバンジェリスト」本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

趣味

Always 続・三丁目の夕日

オールウェイズ観ました。 やっぱいいですね。あったかい気持ちになります。時代が変わっても変わらないもの。生きている生臭さ。映画の中で出てきた台詞「すご〜い!21世紀みたい〜」ということばが印象に残っています。私たちは「あの21世紀」に生きて…

HERO

観ました。面白かったです。どんな小さなことにもこだわりを持つこと。 仕事を好きになれること、楽しめること、誇りをもつこと。1クリックよろしくお願いします◆ブログランキング(現在10位)◆

中日戦観戦&アジアNo.1

53年ぶり日本一を勝ち取った中日ドラゴンズ。日本の威信をかけてアジアシリーズでの戦いを終えました。 僕も、先日東京ドームで行われた台湾・統一ライオンズ戦へ応援に行きました。結果はご存じの通り、逆転勝利。荒木・井端の足でもぎとった一点にうならせ…

人生で初の…

中日ドラゴンズ日本一の瞬間を味わうことができました!!! しかも1対0のパーフェクト試合! あのダルビッシュを倒して! 山井の8回完全試合ピッチングを岩瀬に変えたのも、賛否両論の歴史に残る継投策でしたね。 完全試合の日本一も見たかったですが、…

赤靴下軍団全米制覇!

やりました〜〜〜〜〜〜〜〜!!! レッドソックス。われらがボストン!昨日の松坂もしっかりやってくれました。三遊間の2点タイムリーはおいしすぎた。第二子の発表まで重ねるとは、にくいですね。自称「松坂世代」としては、うれしさ90%、悔しさ10%…

優勝!

ボストン・レッドソックス、リーグ優勝しました! ずっと応援してましたよ。 心配したよ大輔。最後はなんとかやってくれた。 岡島もよくやった。 うれしい、うれしい。このままワールドシリーズ優勝だ! カズオもがんばってるけど、ボストンに勝ってほしい。…

TBSドラマ「マラソン」

TBSのスペシャルドラマ「マラソン」を観ました。 自閉症の青年がマラソンを走るという実話をもとにしたストーリーで、韓国の映画をドラマ化したものです。もともと韓国映画のほうをDVDで借りて観ようかと思っていたところに、今日ドラマでやっていたので思わ…

どろろ

どろろ、DVDで観ました。ストーリーはすごく単純だけど、テーマである親子の憎愛について深読みさせられます。自分を捨てた血のつながった親。血はつながらない育ての親。人は自分が何者かという根源的な問いを考えるときに、自分の親が誰なのか、その親が自…

Life 天国で君に逢えたら

映画『Life 天国で君に逢えたら』を観ました。純粋に、感動しました。 夢を追った夫婦貧乏生活。親をはやくして天国に送る子供の立場。そして、もし自分が彼(夏樹さん)の立場だったら・・・いろんなところで感情移入してしまいました。夢を追い続けたい。…

松井vs岡島〜HIDEKI対決!

どこの世界にも「宿命の対決」と言われるライバル関係があるものです。東京六大学野球では早慶戦、プロ野球では巨人阪神戦、サッカーでは日韓戦。 そして、ここアメリカ、メジャーリーグで、最も激しいライバル関係にあると言えるのが、ボストン・レッドソッ…

松坂を観るII

松坂くんのいいショットが撮れました。試合内容は、ニュースの通りです。残念。。 センターのファインプレーが感動ものでした。 あと観客が突然グラウンドに乱入し、セカンドベースにスライディングするという「珍プレー」もありました。 負け試合にストレス…

初ゴルフ!

最近は卒業式までの余暇生活を使って、「初物」への挑戦を試みています。初マラソン完走、初ロッククライミングに続いて、 今日は、人生で初めてのゴルフにチャレンジです。アメリカは日本よりも安くゴルフができると思うんですが、マサチューセッツ州の中で…

価値を知ること〜イザベラ美術館

先週楽しみに向かうも、見事に休館だったイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館(通称イザベラ美術館 or ガードナー美術館)。このまま引き下がるわけにはいかないので、再チャレンジで行ってきました。1900年前後、資産家の旦那さんに先立たれ未亡人に…

海賊、蜘蛛男

アメリカで娯楽といえばやはり映画。日本でも同時公開したパイレーツ・オブ・カリビアン3とスパイダーマン3を(例によって1枚のチケットで)観てきました。中身については触れませんが、 パイレーツで面白かったのが、これまで登場してきた個性あるいろん…

初ロッククライミング

地元在住のロッククライマーに誘われ、人生で初めてのロッククライミングに行ってきました。初めは、名前の通り「命綱」となるロープの扱い方、クライミングの仕方などを教わり、比較的簡単な崖から。 【写真】初クライミングに奮闘する妻 【写真】崖のてっ…

「美しい国、日本」の危機!?

芸術の街で名高いボストン。 そのなかでも、よく下調べした観光者や地元の通に、特に人気が高いのがイザベラ美術館。 個人のコレクションを飾った私邸がもとになった美術館です。試験も終わったので、そこに行こうと出かけたのですが、なかなか見つからない…

ボストン交響楽団―「英雄」

世界でも有数のオーケストラとして知られるボストン・シンフォニー・オーケストラ。 小澤征爾が音楽監督・指揮者として長い間務めたことでも有名ですね。期末期間でやたらとプレッシャーのかかる時期ですが、友人から約15ドルでチケットを入手したので、初め…

初マラソン完走!!!

午前10時。 雨が降りしきり、冷たい風が体温を奪う。 防寒防水服を全く用意しなかった僕は、HARVARDのロゴが入った半袖と短パンで、無謀にも第111回目の嵐のボストンマラソンに挑む。 今回が5回目のマラソンになるハーバードの友人Tさんは準備を完璧になし、…

いよいよ明日

ネタが前々回とかぶりますが、いよいよ明日走ります。 予想通り、現在大雨が降っており、明日も降水確率100%、土砂降りの中の初マラソンということになりそうです。風もちょうど逆風になるようで、まさに「逆境」条件がそろい、不安と同時に燃え上がる気…

嵐のボストンマラソン!?

いよいよ週末をはさんで、月曜日Patriot's Dayに第111回目のボストンマラソン当日です。この日は、独立戦争の火蓋を切ったレキシントン・コンコードの戦いを記念したマサチューセッツ州の休日です。(といってもハーバードは授業が休みにならず、しっかりと…

DICE-K vs ICHIRO!!!

行ってきました! ボストン・フェンウェイパーク。DICE-K MATSUZAKAの地元初登板! 球場は異様な盛り上がり。いたるところに、松坂18番のユニフォーム。「三振」、「ようこそ」などの日本語カード、サイコロ(dice)にKが入った帽子、日の丸、ハチマキ・・・…

国際派教育者列伝①嘉納治五郎

こちらに来て改めて気になった「国際派」と呼べる教育者について紹介してみたいと思います。嘉納治五郎講道館柔道を創設した人です。柔道は日本の国技と言ってもよいスポーツ・武道ですが、一方で、サッカーに次いで世界で2番目に競技人口(約900万)が…

ハーバード歴史学教授が松坂研究

こんな記事が出てました。ハーバードの歴史学者アンドリュー・ゴードン教授。 ハーバード歴史学部長(ファウスト次期学長もここの所属)、ライシャワー日本研究所前所長で、日本近現代史・日本文化研究の権威といってよい人です。最近の彼の著書"A Modern Hi…

修身済家治国平天下@ニューヨーク

ニューヨーク、ワシントンから帰ってきました。今回の旅では、最近観た映画の舞台を訪ねてみようということで、ニューヨークでは“Night at the Museum”(現在日本で劇場公開されているナイト・ミュージアム)のモデルとなったMuseum of Natural History(自…

貧乏桜旅

明日からニューヨーク、ワシントンDCへ「1泊4日」(バスで2泊)の貧乏小旅行へ行ってきます。 貯金もつきてきたので、春休みに夫婦で行ける最大限のトリップです。ワシントンでは世界銀行やNGOなども回りますが、「桜」を見届けるのが最大の目的です。満開は…

聖パトリックデー

今週末は、アイルランド人の祝日“St. Patrick's Day”のお祝いでにぎわっていました。アイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリックを記念するアイルランドの祝祭日で、アメリカでもアイリッシュたちを中心にお祝いするようです。 今週末は、アイルランドカ…

為せば為る

ボストン・マラソンに向けてシューズを買いました。 忙しさと寒さに負けて、全然練習できてません。 本当に完走できるのだろうか・・・かなり不安ですが、ブログで宣言し、シューズまで買ったので、もうあとには引けません。おもえばハーバード留学も、ブロ…

空母乗艦

米海軍の空母USS JFK、"Big John"に乗艦しました。建艦後40年以上の歴史を経て、廃船前に最後の航行をしているそうです。 一般向けに公開され、ボストンでは一日で約4万人が訪れたそうです。僕も、あんなに並んだのは、ここに来て初めてです。去年は映画『男…

ボストンマラソン

走る決意をいたしました。 オリンピックを除いて、世界で最も歴史の長いマラソンで、今年は記念すべき第111回目だそうです。正式に参加するには公式レコードが必要だということで、あきらめていたのですが、非公式に飛び入り参加する市民ランナーも結構おり…

ボストン・バレエとブルーハーツ

最近、芸術に目覚めたのか、今日はボストン・バレエで「真夏の夜の夢―A Midsummer Night's Dream」を鑑賞。バレエとはいうものの、さすがシェイクスピアの喜劇の名作だけあって、しゃべり0でもかなり笑わせてもらいました。 オーケストラの生演奏と、美しい…