本山勝寛 4kiz CEO 公式ブログ | Katsuhiro Motoyama's Official Blog

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。公益財団で教育、国際支援、子ども支援事業に携わり、子供向けSNSアプリサービスを提供するEdTechスタートアップを起業。 『好奇心を伸ばす子育て』『最強の独学術』等著書多数。5児父4回育休。

子供たちの世界的オンラインプラットフォームとなるSNSアプリ「4kiz(フォーキッズ)」がスタートしました

www.youtube.com 大人は世界中でつながり合い、個人が様々な発信をして誰もがクリエイターになれる世界になった。 私自身は貧困家庭で育ったが、これまで様々な夢や目標を叶える機会を得ることができたのは、ブログやSNSで自分の目標やアウトプットを発信し…

4kizで実現したいこと〜41歳の志

昨日、41歳の誕生日を迎えました。 息子から「お父さん、よい歳おめでとう」を言われ気づきましたが、41歳は「よい歳」ですね。 40代に突入した昨年は、人生初めての起業をし、世界で初めての12歳以下子ども向けSNSを立ち上げるため、株式会社4kiz(フォーキ…

全ての奨学金を返還完了しました!

遂に、高校一年時から借りていた全ての奨学金の返還を完了しました!!! 大分市から借りていたもの、高校時代に借りていたもの、大学時代に借りていた奨学金合わせて400万円強。(写真はそのうち大学時代に日本学生支援機構から借りていた奨学金) 極貧家庭…

2021年自分史10大ニュース

2021年最後の一日となりました。 毎年恒例で行っている、2021年自分史10大ニュースで一年を振り返ってみます。 今年の年初には「立旗導千」を目標に掲げた40歳の節目の年でしたが、まさに人生のターニングポイントとなる激動の年となりました。 自分史10大ニ…

こどもSNS「4kiz」創業怒涛の25日間を振り返る

2021年12月1日、株式会社4kizを創業しました。 登記は東京都渋谷区。 ミッションは「こどもたちの可能性を無限に引き出す世界中のつながりをつくる。」 コンセプトは「こどもの、こどもによる、こどものためのSNS。」 世界で初めてともいえる、12歳以下の子…

新しい世界的社会問題との闘い、大きな夢

本日11月30日をもって、日本財団の最終出社日となり、正式に日本財団を退職・卒業いたしました。 長年ご指導いただいた笹川陽平会長からも退職の辞令をいただき、「卒業」のご挨拶をさせていただきました。 笹川会長とは、かれこれ30カ国近く、海外出張をご…

日本財団を退職し、起業して「こどもSNS」を立ち上げます!

この度、14年間勤めた日本財団を退職し、独立起業する決断をいたしました。 今年で40歳を迎え、人生最大の決断とチャレンジをいたします! 元々私は、「人生50年計画」なるものを胸に抱いていました。 論語でも「四十にして惑わず」と言われていますが、40…

「等身大の東大について」女性セブン東大特集取材回答全文

女性セブン23号で東大特集が組まれ、取材質問に対して回答し、そのうち一部コメントが掲載されました。せっかくですので、私の回答全文を掲載します。 news.yahoo.co.jp ●質問:東京大学(以下東大)では、「1~2年次は教養学部に所属し、希望学部への進学…

40歳の誕生日に息子から贈ってもらった短編小説『僕と父』

先日、誕生日を迎え、40歳になりました。 12歳の長男・誠人から、「お父さん、誕生日プレゼントなにがほしい?」と聞かれました。長男は、4人の弟・妹たちを含めて家族の誕生日にいつもプレゼントを用意してくれます。 私は、「誠人が元気でいてくれる…

これからの時代に重要な力「好奇心」

Yahoo!ニュースのトップページに『たまひよ』のインタビュー記事「貧しい家庭から独学で東大、ハーバードへ 5児の父が実践する子育てのための時間管理」が掲載され、たくさんの反響やコメントをいただいているので、改めて私自身の人生が「好奇心」を原動力…

”長く読む”文庫カルチャー~『最強の暗記術』文庫化にあたって

私は昔から文庫が好きです。 学生時代にお金がなかった頃、価格的に入手しやすい文庫本を中心によく読んでいました。古本屋でかなり安くなっている文庫も多く、まとめ買いして読んでいました。大学生の4年間で約1000冊読んだ本のうち、300冊くらいは文庫本だ…

パックンが幼少期の貧乏生活を語った『逆境力』が素晴らしい件

パックンことお笑い芸人のパトリック・ハーランさん。 ハーバード卒で日本語が上手、軽快なトークでテレビで活躍するイケメン芸能人というイメージが強いと思います。 そんなパックンが日本の子どもの貧困問題について取材した本を出しました。しかも、自身…

『鬼滅の刃』に学ぶ個性を伸ばす子育ての極意

社会現象となった『鬼滅の刃』 『鬼滅の刃』が令和を象徴する社会現象となっています。2020年10月から公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は、これまで『千と千尋の神隠し』が記録していた興行収入324億円を超えて、日本の歴代興行収入1位の座に輝きま…

小学生の息子が生物分類技能検定3級に合格しました!

自然環境研究センターが行う、生物分類技能検定という検定試験があります。 生物分類技能検定は、生物に関心をもつ方々を対象に、分類の知識向上を目的とし、野生生物や自然環境の調査・保全を担う人材を育てるとともに、動物分類学や植物分類学の発展に寄与…

2021年は「立旗導千」

2021年が始まり10日が過ぎました。 年明けから緊急事態宣言で始まり、今年も世界が困難に直面するなか激動の一年となりそうですね。 私は毎年の一年をスタートするにあたり、その年の目標を定め、テーマとして力を入れたいことを標語にして書に記して掲示を…

2020年自分史10大ニュース

2020年も残りあと数時間となりましたが、恒例で行っている自分史10大ニュース2020年版を書き留めておきたいと思います。 2020年はなんといってもコロナでしたが、そんななかたくさんのチャレンジができたとも思います。制限と困難の多い年でしたが、だからこ…

オンライン講演会「出版ってどうやって進んでいくの?」開催案内

オンライン講演会「出版ってどうやって進んでいくの?」を開催し、講演を行います! 本の出版というキーワードを切り口に発想術、企画力、交渉力、やり抜く力、時間術、アウトプット力等々お話したいと思います。何かをカタチにして実現したいという方のヒン…

『自力でできる子になる好奇心を伸ばす子育て』発売!序文全文公開します

拙著『自力でできる子になる好奇心を伸ばす子育て』を出版することができました! この本を書いた想いと、いまなぜ「好奇心を伸ばす子育て」が必要なのかを綴った序文を全文公開させていただきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

ウィズコロナ時代にこそ読んでほしい『最強の独学術』が文庫化されました!

拙著『最強の独学術』がこの夏、文庫化され発売開始となりました! コロナ禍で一斉休校やテレワークを経験し、ウィズコロナ時代に直面している我々は、今まで以上に「独学」の重要性に気付かされているのではないかと感じます。 同じ場所で、同じ時間に、同…

中国語版『最強の暗記術』が出版されました

拙著『最強の暗記術』の中国語版が翻訳出版されました! 著作が中国語に翻訳出版されたのは、『僕の独学戦記』『16倍速勉強法』『最強の独学術』に続いて4作品目になります。 シリーズ前作の『最強の独学術』も中国で反響をいただいていたようなので、暗記術…

学業をあきらめるなキャンペーン『今こそ奨学金』100名にプレゼントします!

緊急事態宣言が解除されました。 医療従事者の献身的な治療看護や国民の外出自粛の努力の賜物だと思います。とはいえ、まだまだ油断できない状況で、第二波第三波に備えていかなければなりませんし、経済的な苦境を乗り越えていかなければなりません。 多く…

【コロナに負けるな緊急企画】「こども絵本づくりコンクール」作品募集!

世界は新型コロナウィルス一色になってますね。この危機が早く収束し、一人でも犠牲者が少なくなることを心から祈ってやみません。 日本でも臨時休校によって、子どもたちの居場所がなくなり、家庭でも時間の過ごし方に苦労されていらっしゃるかと思います。…

39歳を迎えて

本日をもって、39歳になりました。 たくさんのあたたかいメッセージありがとうございます。 世界は大変なことになっています。 様々な不安のなか日々を生きています。 でも、こうして生きていられること。 大切な人たちが元気で笑顔でいてくれていること。 …

小学校配布のエコチル新聞に『そうゾウくんとえほんづくり』掲載

エコチル新聞に『そうゾウくんとえほんづくり』 みなさん、子ども新聞って知っていますか? 有名なところでは、読売KODOMO新聞や朝日小学生新聞、毎日小学生新聞など全国紙の子ども版があります。 それら全国紙の子ども新聞よりも、東京や横浜、北海道など一…

僕が20歳の頃。

僕が20歳の頃。 地元に帰省するお金もなく、成人式には参加しなかった。 僕が20歳の頃。 昼飯代がなかったので、友だちとランチもできず、100円のみたらし団子3本をよく噛んで味わった。 僕が20歳の頃。 夜勤のバイトの後にそのまま大学に行っては、授業中に…

2020年の目標は「協和創像」-SOZO2020-

2020年を迎えました。 新年あけましておめでとうございます! さて、毎年恒例で続けている年頭の目標設定と標語を今年も定めました。 協和創像 2020年はまさに東京2020オリンピック・パラリンピックの年です。この2020に向けて5年前から仕掛け、準備し、見守…

2019年に読んだ本100冊から選んだお薦めのベスト5

2019年今年から読書記録をつけているのですが、ちょうど一年間で100冊を少し超えるくらい読んでいました。 以下、備忘録として102冊のリストです。 そのなかから特にオススメのベスト5をピックアップします。 『ビジョナリー・カンパニー2』ジェームズ・c・…

2019年を自分史10大ニュースで振り返る

私は毎年一年間の振り返りを「自分史10大ニュース」という形でまとめています。 メディアなどが年末によくやる企画ですが、自身の取り組みを振り返ってまとめるのにもよいので、お奨めです。 ということで、本山勝寛の2019年自分史10大ニュースは? 1) オン…

子どものクリスマスプレゼントにしたい絵本5選

今週のお題「クリスマス」 もうすぐクリスマスですね。 子どものいる家庭ではお子さんやお孫さんのクリスマスプレゼントも用意している頃だと思います。 大人が子どもにあげたいプレゼントの定番として絵本があげられます。 最近のPISAの国際学力調査でも日…

親子で一緒に絵本を創って3C=創造性・好奇心・コミュニケーション力を伸ばす

これからの時代、創造性や好奇心、コミュニケーション力がより重要になってくることは間違いないでしょう。私はこれらをCreativity、Cruiosity、Communicationの頭文字をとって「3C」と捉えています。そして、「IQ」や「EQ」に次ぐ重要な概念として「CQ」が…