まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもサポートTチームリーダー兼人材開発Tチームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

フィリピン人は明るいラテン系の勤勉アジア人?

フィリピンでの考察。ツイッターから抜粋します。

  • 短期間の滞在でのフィリピンの印象。フィリピンは東南アジア的な勤勉さと、カトリック的な従順さと、スペイン的なラテン系の明るさと、英語力ゆえの外国志向が混じっている。だからASEANの中でも異質な存在。今日古い教会をみてそれを感じた。同じキリスト教でもプロテスタントの韓国とも違う。
  • 聖オーグスティン教会の中。教会美術がたくさん。 http://twitpic.com/1s05nk
  • フィリピン最古のマニラ教会。1570年代に原型がたてられたそうです。 http://twitpic.com/1rzrj4
  • フィリピン私学の雄アテネオ・デ・マニラ大学は今年120周年。これに合わせて行う日本財団アジア・フェローシップ10周年記念行事が今回のフィリピン出張の目的。フィリピン、マレーシア、インドネシア、タイ、日本の5カ国から約200名が参加。皆さん個性的な熱い心の持ち主なのですばらしい。

このアテネオ・デ・マニラ大学もカトリック系の大学です。新大統領にきまったアキノ氏もこの大学の出身です。アキノ氏はお母さんも元大統領。フィリピンは一族によって政治が継承されている。そういうところもカトリック・ラテン的な感じがします。

本ブログを応援して下さる方は1クリックはお願いします→人気ブログランキング