まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

創造性を伸ばす親子ワークブック『そうゾウくんとえほんづくり』予約スタート!

f:id:theternal:20191206060728j:plain

そうゾウくんとえほんづくり

「勉強はつまらない」

「大人に無理やり勉強させられる」

「将来のためだからしかたなく塾に通っている」

「決まったことを覚えたり、正解を答えられることが頭がいいこと」

これって何かがおかしくないでしょうか?

 

本来、何か新しいことを学んだり、それを何かにいかしたりすることって、メチャクチャ楽しいことです。

人間の人間たるゆえんであると言っても過言ではないと思います。

 

「学ぶことはメチャクチャ楽しい!」

「学んだことをアウトプットすることはもっと楽しい!」

 

これが私の心からの実感であり、老若男女世界中の人々に伝えたいことです。

そして、世界中の子どもたちに楽しい学びを届ける「学びのイノベーション」を起こすことが私のビジョンです。

 

そんな問題意識とビジョンを具体的な形にした、子どもの創造性を伸ばす新しいイノベーティブな親子ワークブックを出版します!


ワークブックのタイトルは、

『そうゾウくんとえほんづくり』。


子どもたちの創造力や想像力、好奇心、発想力、表現力、自己肯定感を高める楽しい親子ワークブックです!計算ドリルや漢字ドリルのように、いわゆる学力や認知能力でけでなく、昨今学界やビジネス界でも注目されている非認知能力を伸ばすことを目的としています。非認知能力の重要性については以下の記事もご参照下さい。

motoyamakatsuhiro.hateblo.jp


子どもの非認知能力を伸ばすことを目的に開発した『そうゾウくんとえほんづくり』は、子どもが楽しく遊んでワークをしているうちに、最後にはオリジナル絵本というイノベーティブな創作物を完成させられるというコンセプトです。子どもにとって大きな自信につながりますし、途中に思考力や発想力を伸ばす様々な仕掛けが用意されています。

 

以下の目次のとおり、パート1からパート3までのワークで「達成感」「成功体験」や「自分で考える力」「表現する力」などを身に付け、最後のパート4で実際にオリジナル絵本をつくり、創造力を磨くという構成になっています。親子で楽しみながらワークを進めていくだけで、気づけば今後必要な能力が身につく、「魔法」のワークブックです。

【もくじ】

パート1 おなじところさがし ~共通点を見つけ、あたらしい「見かた」を身につける~

パート2 まぜこぜポン! ~ちがうものをくみあわせて、あたらしいものをつくり出す~

パート3 じゆうにかこう! ~かんがえるフレームワークをつかって、かたちをつくり上げる~

パート4 オリジナルえほんをつくろう! ~かんがえてきたものをかたちにして、 さくひんをソウゾウする~


ほめかたガイド「子どもが伸びる『あいうえおかきくけこ』」

 

 

 

昨年から企画を構想し、同時期に立ち上げたオンラインサロンMSI塾で幼児教育の専門家や教師、主婦、様々な方と一緒に企画し、トライアルも重ねながら共同開発した渾身の革命的作品です!メインキャラの「そうゾウくん」もそこから生まれました。


Amazonで予約開始したので、ぜひぜひご予約ください!!学びのイノベーションに向けて、うんこドリルを超えるブームを創りたいです!

 そうゾウくんとの「楽しい学び」のセカイにご参加ください!

そうゾウくんとえほんづくり

そうゾウくんとえほんづくり