まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

極貧から奨学金で東大・ハーバード、教育格差をなくすための渾身の書『今こそ奨学金』発売!

みなさん、お金がないからって、いろんなことをあきらめていないでしょうか?

いい大学に行くこと。いい教育を受けること。実現したい将来の夢。

お金がないから、環境がないから・・・あきらめていないでしょうか?

 

奨学金」っていったって、日本の奨学金は単なる借金だし、サラ金よりもひどいみたいだし、・・・

最近ではそんなイメージもあいまって、奨学金を借りることをためらったり、将来のために「教育とお金」のことを十分に考えきれていないケースが多いように思います。

 

そんな問題意識のもと、私の人生をかけてつちかった経験と、国内外の豊富なデータをまとめ、多くの人が「お金がないからあきらめる」ことがなくなるように、教育格差をなくすための渾身の書を出版します!

f:id:theternal:20180203060726j:plain

 

『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』

 

本日2月8日、発売です!

Amazonなどネット書店や、全国の書店でも今日から入手可能です。

新書ですのでご購読いただきやすく、読みやすくまとめられた自信作です。

 

 この本が話題になることで、奨学金を鏡とした日本の教育格差の問題がクローズアップされ、具体的な提言が実現されるようになることを願ってやみません。

みなさんが一冊お読みいただくことが、「お金が理由で夢をあきらめてしまっていた」子どもたちを救うことになると信じています。

ぜひご購読よろしくお願いいたします!!!