本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

メデイア掲載

週刊ダイヤモンド「独学力」特集に掲載

週刊ダイヤモンド 2017年 10/7 号 [雑誌] (これなら続けられる! 「独学力」) 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/10/02 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 週刊ダイヤモンドの今週号で、「これなら続けられる独学力」という特集が組まれ…

毎日新聞に『最強の独学術』の広告掲載!

毎日新聞8月28日朝刊に『最強の独学術』の広告が掲載されました! 版元である大和書房の他の新刊と並んでの掲載です。 Amazonでも順位を再び上げています。まだの方はぜひご一読してみてください!お読みいただいた方はAmazonなどでレビューの投稿お願いしま…

奨学金減税を提言します

先日、東京都の私立高校実質無償化政策や教育費負担軽減などについて、月刊誌『第三文明』から取材依頼があり、5月1日発売の6月号にインタビュー記事「教育費負担の軽減は「未来への投資」である」が掲載された。東京都の私立高校実質無償化については、先日…

奨学金返済分の税控除制度導入を

先日、TBSのデモバラエティー番組「NEWSな2人」の奨学金をテーマにした回に、コメンテーターとして出演した。今や2人に1人が日本学生支援機構の貸与型奨学金を借りており、奨学金の問題は現代日本を映し出すメジャーな社会イシューとなっている。奨学金の返…

貸与型奨学金の年利が0.1%固定になっています

奨学金の話題がメジャーな社会問題として扱われることが多くなった。日本学生支援機構の貸与型奨学金を借りる学生が近年急増し、今や大学生の半数が奨学金を借りている状況となっている。奨学金問題が扱われるとき、「奨学金」と名乗っているのにただの金貸…

「渋谷のラジオ」とコミュニテイFMの可能性

今年4月、渋谷に新しいコミュニテイFM局「渋谷のラジオ」が開局し、放送を開始している。コミュニテイFMとは、放送が地域に限定されたラジオ放送で、市民参加型で地域密着の情報を伝え、災害時には臨時災害放送としての防災の役割も持つとして、その意義と役…

「楽しい学びの革命を」楽天ブックス特集これも学習マンガだ!選書委員対談

先般、日本財団が発表した「これも学習マンガだ!」は想像以上に反響があり、ネット上でも話題になったほか、高校図書館や市民図書館、書店でもポスター・チラシを掲載してフェアを展開するところが全国で増えています。楽天ブックスとも連携して、特集サイ…

『プレジデント』日本にいながらハーバード合格の勉強法

雑誌『プレジデント』の最新号(4.13号)が「日本一やさしい英語の学び方」という特集号を組み、そのなかで私のインタビュー記事が掲載されました。ページタイトルは「日本にいながらハーバード合格の勉強法」。今は留学や海外生活の経験がなくてもハーバー…

名スピーチをまねる一石三鳥の英語勉強法

新学期を迎え、「今年こそは英語を!」と思っている方は多いだろう。先日、朝日新聞の運営しているdot.に「英語のやる気と実践力をあげるたった一つの方法」という記事が掲載されたので、一部抜粋して紹介する。 英語学習のモチベーションを向上させ、さらに…

いま世界中の◯◯が仙台に集まってる

あの311から4年が経った。復興はまだまだ途上であるが、私たちの意識と記憶は時間とともに薄れがちになってしまう。そんな折、東日本大震災の経験と教訓を広く国際社会と共有する大きな機会が訪れる。3月14日から18日、仙台市で第3回国連防災世界会議…

独学の時代がやってきた

「独学の時代がやってきた」毎日新聞1月13日夕刊の「特集ワイド」で、そんなタイトルの記事が掲載された。『東大教授が教える独学勉強法』著者の柳川範之東大経済学部教授の記事中コメントは以下の通り。 今年こそ何か学びたい! そんな思いで新年を迎えた人…

【日経デュケレ掲載】勉強は好奇心が9割

日経の教育雑誌『デュケレ(ducare)』の「世界で通用するアウトプット力」という特集にインタビュー記事が掲載されました。 Chapter1 点数主義のやり方ではもう通用しない これらの学びに必要な勉強法とは? ○東大→ハーバード卒の 本山勝廣さんに「知りたい…