まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

僕がコンサルの内定をすべて蹴った理由〜ボストンキャリアフォーラム回顧録

僕の就職活動の話をしてみようと思う。

 

就職活動とは天職探しだ。

自らの天賦の才と情熱を注ぐことのできる職を探し、最終的に人生の選択を為すという一大行事だ。

それと同時に、食って生活をしていくためにお金を稼ぐ手段を得るという現実もある。

 

僕がハーバードに通っていた頃、ほとんど就職活動に関する知識がないなか、地元のボストンで世界中の日本人留学生が集まる就活イベントである「ボストンキャリアフォーラム」というものがあるということを知った。友達が、自分は出るんだけど、君はどうするんだと聞かれて、慌ててメンバー登録をした。

 

ボストンキャリアフォーラムの参加企業を見てみると、名だたる日系大企業から有名な外資企業が並んでいた。でも、僕はそれらにほとんど関心が行かなかった。世界をよりよくするために教育や社会課題の解決に取り組みたいと思っていたからだ。そんなことを本業として取り組んでいる企業はあまり見当たらなかった。

 

とはいえ、多額の借金(貸与奨学金)をして大学生活と大学院留学生活をして、結婚までした身としては、そろそろお金を稼げる職につかなければならない。自分が本当にやりたいことかどうかは分からないが、いくつか企業へのエントリーもしておいた。特に、スキルアップにつながり、将来自分が本当にやりたいことをやろうとするときに役立ちそうなコンサルティングファームの面接をいくつか受けることにした。

 

ボストンキャリアフォーラムという就活イベントは、日本の就活事情とはかなり異なり、開催日の2日間で内定がその場で出るという超短期決戦だ。私は、なんとなく受けた名だたるコンサルティングファームから2日間でいくつも内定をいただき、狐につままれたような気持ちになった。

 

おそらく、東大とハーバードという学歴が功を奏したのだろう。これで、なんとか卒業後食っていけるという安心感だけは得られた。

 

しかし、ほんとうにこれでよいのだろうか。

そんな気持ちが心に引っかかっていた。

 

僕は自分がほんとうにやりたいことを、自らの心に問いかけた。

国内外の社会課題を解決し、日本をして世界に貢献できる国にしていく。

それが僕の夢だった。

 

その夢を直接的に仕事とできる天職はないか、そんな問いに一番近い仕事が、「日本財団」だった。

 

年間約300億円 (現在は約500億円)の事業予算をもって、日本国内でも海外でも社会貢献事業に取り組む日本最大の助成財団。教育や福祉、国際協力と幅広い社会課題を取り扱っている民間組織。

 

日本をして世界に貢献できる国にしたい。

それも、政府の立場ではなく民間の立場で新たなイノベーションに取り組みたい。

日本の非営利業界をアメリカがそうであるようにもっと活性化したい。

そんな夢に挑戦するにはもってこいの組織であることが分かった。

 

面接を受けてみたら、二次面接までは合格したけれど、最終面接には日本に一時帰国しなければならない。他のコンサルティングファームは既にボストンキャリアフォーラムの2日間で内定をもらっている。しかも、日本財団よりも明らかに給料が格段に高い。当時から「コンサル」という職種へのブランド価値は高かった。お金や社会的な肩書を取るべきなのか、そうではない選択肢を取るべきなのか、正直相当に悩み苦しんだ。

 

悩んだまま、交通費が支給されたので、東京で日本財団の最終面接を受け、そこで内定をいただいた。それでもまだ悩んでいた。

 

でも、僕は人生の選択肢で悩んだときに決断する考え方がある。

 

より難しい道を選ぶこと。

心の底からやりたいと思えることを選ぶこと。

 

この選択の公式からすれば、給料の高いコンサルではなく、ほんとうにやりたいことができ、かつ当時の社会的評判はともかく自分がそこで挑戦することで日本と世界を変革できるポテンシャルのある日本財団に賭けてみることにした。

 

いろんな懸念点は自分が当事者として払拭し、解決すればよい。

難しい道でも、心が向かう道を選びたい。

 

僕がコンサルの複数の内定を蹴って、日本財団を選んだのは、そんな葛藤の末の決断だった。

 

ところで、日本財団はいままさにボストンキャリアフォーラムでの採用エントリーを10月7日まで募集している。志ある方にぜひ応募を検討いただきたい。

 

 

www.nippon-foundation.or.jp

 

 

アウトプット革命へ

私はこれからの学びの質を高めるポイントは、いかにアウトプットの機会をたくさんつくり、そのフィードバックの質量を高めるかだと考えている。

知識や情報そのものの価値が薄れていく時代にあって、既存の知識情報をインプットだけすることの価値は相対的に低下してきている。

逆に、知識と知識を組み合わせたり、情報を編集したり、異分野をつなぎ合わせてアウトプットすることの価値がより高まっている。

もちろん、アウトプットはそれ以上のインプットをベースにして生まれるものなので、インプット自体をおろそかにしてはいけない。しかし、インプットだけで満足していては、時代から取り残されてしまうだろう。

 

この点からいって、オンラインサロンは、アウトプットが質量ともに求められる良質な場であり、かつ決して予定調和ではないという点で、時代が生んだプラットフォームなのだと感じるようになった。

 

オンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾」を始めて2ヶ月が経った。サロン運営は手探りの連続だけど、今後の大きな可能性や自分自身にとっての成長と挑戦機会という点で非常に意義を感じている。

 

SNSの場合は、フィードバックがあまりないか、単なるたくさんの「いいね」で終わるか、誹謗中傷的な批判で炎上するかの両極端にふれやすい。これでは、アウトプットにはよいのだが、フィードバックの質量という点でうまく機能するか難しいところがある。

 

オンラインサロンはサロンオーナーもさることながら、会費を出しているメンバーにもアウトプットやコメントのやり取りが求められ、会費を出しているという前提がアウトプットによる参画というモチベーションにつながりやすい。これが、単にネット上の無料の情報を流し読みしたり、本を読んで終わるだけのインプットオンリーとは異なる点だ。

 

私自身も、オンラインサロンを始めて、アウトプットの機会とフィードバックの質量が以前にまして増えたと感じている。オンラインサロンの運営を実践することが成長と挑戦の機会を得るのによい場となり、新しい実践的な学びの場となっている。いわばアウトプット革命のスタートだ。

 

そのアウトプットの結果として、「創造性親子ワークブック」という出版企画がオンラインサロンMSI塾から生まれカタチになってきた。年内には出版予定だが、これも子どもたちにインプット重視の教育からアウトプット重視の学びへと転換を促すツールとすることを意図している。

 

大人の学びも、子どもの学びも、アウトプット革命へ。

これからもっと仕掛けていきたい。

camp-fire.jp

『16倍速勉強法』ベトナム進出決定!

拙著『16倍速勉強法』のベトナム語版翻訳出版のオファーが届きました!

『16倍速勉強法』は2008年、今から11年前に出版した私にとって二作目の著書ですが、おかげさまで版を重ね続け6万部のロングセラーになっています。ありがとうございます。

 

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

 

 

私の本はこれまでも韓国、中国、台湾、タイで翻訳出版されましたが、ついにベトナムにも初めての進出となりました!

 

f:id:theternal:20190804074800j:plain

勉強や学びという「自由の実践」を通して、誰もが夢や目標を実現してほしい、そのために人々をエンパワーしていくことが私のミッションだと考えているので、ベトナムの人々にも微力ながらも力になれるのであればうれしいです。

 

オンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾』でも、「世界一イノベーティブな親子ワークブック」の開発出版プロジェクトをスタートさせています。サロンメンバーには既にアメリカ在住者や韓国在住者の方もいます。親子ワークブックも世界各国に拡がり、世界に学びのイノベーションを起こすプロジェクトにしていきたいです!

 参画いただける方も大募集中です!⬇︎⬇︎⬇︎

camp-fire.jp

本嫌いを生み出す学校教育によって日本の大学生の半数は本を読まない  

言語能力はすべての教科の基礎となり、あらゆる活動に関わってくる要素となるので、非常に重要な力であることはいうまでもありません。しかし、国語が好き、本を読むのが好き、文章を書くのが好きという子どもは非常に少ないのが現状ではないでしょうか。小さい頃からコトバに慣れ親しみ、学校でも最も時間をかけて国語の授業を受けているのに、国語への興味、コトバへの好奇心が年を重ねるたびに薄れていくのはなぜでしょうか?

 

公益財団法人全国学図書館協議会の第63回学校読書調査(2017年)によると、1ヶ月に1冊も本を読まなかった人の割合は、小学生で5.6%、中学生で15.0%、高校生で50.4%です。つまり、小学校から中学校、中学から高校と、学校生活が長くなるほど、子どもたちは本をまったく読まなくなる傾向にあるということです。小学生の約95%は毎月何らかの本を読んでいるのに、高校では2人に1人は本を読まなくなります。(参照:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/__icsFiles/afieldfile/2018/04/20/1403863_003_3.pdf

f:id:theternal:20190717065953j:plain

 

この傾向は大学生も同じです。全国大学生活共同組合連合会の第54回学生生活実態調査(2018年)によると、1日の読書時間が0と回答した大学生は48.0%にのぼります。2017年は53.1%だったので、やや回復傾向にあるかもしれませんが、いずれにせよ大学生でもおよそ2人に1人は本を読まないという現状です。

 

小学生はより平易な本を読んでいるということも想定されますが、それにしても学校生活を重ねるほど本を読まなくなるというのはいかがなものでしょうか?学校は、子どもたちが本来持っていたコトバへの好奇心を摘み取ってしまっているのではないでしょうか?

 

私はというと、小学生の頃はあまり本を読みませんでした。それが、高校生になるとあることがきっかけで本が好きになり、大学生になってからは「本の虫」といわれるほど読み漁りました。社会人になった今でも相当な読書量が継続していますし、さらに本を書く立場にもなりました。

 

好奇心を中心におくと、おいしいものを食べたいと思うように、本は自然と読みたくなります。そして、おいしいものを食べたときのように、喜びと満足感を得られ、知の栄養が成長につながります。

 

学校教育は経験すればするほど、コトバへの好奇心を削ぎ落とし、本を読みたくない人にしてしまいます。日本の教育は本当にそれでよいでしょうか?

私がオンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾」で学びのイノベーションを起こしたいと思ったのも、そんな問題意識からです。

 

物事の知識や解き方の正解を教え込まれるだけでなく、コトバや物語、論理や新しい世界に対して自らが好奇心をもって学んでいく。教育の時代から学びの時代へと大転換していかなければ、いつまでも本が嫌いで、指示されないと動けない人間を量産してしまうでしょう。

日本の教育は本当にこのままでよいのでしょうか?

 

motoyamakatsuhiro.hateblo.jp

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

 

何かに挑戦することは濃い人生を生きること~MSI塾開塾一週間

オンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾」を開いて一週間が経ちました。

「まだ一週間しか経ってなかったんだ?」と思えるくらい、自分にとって濃い一週間となりました。

 

夢に向かって具体的に目標を立て、行動し、挑戦することは、それだけ「濃い人生」を生きることになります。

 

なんとなくぼーっと生きて、「ああなったらいいのに」とか、「いつかはこうなりたい」とか、「忙しいから落ち着いたらでいいや」とか、「お金がないからしょうがないか」とか、「失敗するかもしれないから」とか、そういう生き方をしていると、いつの間にか時間は経って、人生は終わってしまうかもしれません。

 

私は、与えられた一回限りの人生、限られた時間のなかで、借り物の時間のなかで、本物の夢をみたいと思っています。できるかできないかはやってみないと分からないから、とにかくやってみようと行動に移すように、自分自身を押し出します。

 

f:id:theternal:20190715063943j:plain

オンラインサロンも、これからどうなるか、まだはっきりとは分かりません。

でも、たった一週間で既に16名ものメンバーが入会してくれ、なんのカタチも校舎もないオンライン上の私塾に、同志が集まってきてくれました。それぞれの分野で経験があり、個性があり、私も一人ひとりと出会い、再会し、交流できることが、大きな刺激になっています。

 

そんな同志たち、なかまたちを大切にし、そして具体的に社会を変えるための一石を投じる行動に移していきたいです。

 

できることは初めは小さなことかもしれませんが、具体的なカタチにして世に出すことはできます。そして、そのカタチは私一人でつくるものより、あるいはメンバーが一人でつくるものより、より磨かれた、より社会に大きな影響を与え得るソーシャルイノベーションとなることを信じています。

 

私は高校時代から、吉田松陰松下村塾にあこがれて、いつかそんな私塾をつくりたいとおもってきました。その夢に向かって動き出しました。時代はまったくことなりますが、社会を変える原動力はいつも熱狂的な小グループから生まれものと信じています。

みなさんとの出逢い、参画をお待ちしています。

https://camp-fire.jp/projects/view/119631

camp-fire.jp

 

世界一イノベーティブな親子ドリル開発の参加者募集!

日本ってドリルがものすごくたくさんありますよね。

 

学校の宿題も漢字ドリルや計算ドリルですし、書店の学参や自動車コーナーに行ってもたくさんの知育ドリルが並んでいます。これだけ、ドリルが充実している国は他にないのではと思います。

 

それに、2017年にはうんこドリルも大流行しました。なんと、累計発行部数が330万部を突破したそうです。企画が子ども心のツボをおさえたこともさることながら、ドリル需要の高さがうかがわれる事象だと思います。

 

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

 

 

ただ、うんこドリルも他のドリルもそうですが、多くのドリルが漢字やひらがな、計算など基礎学力を養うものばかりです。もちろん、それらも大事ですが、新しい時代により必要とされるのは、漢字が正しくきれいに書けるようになることだけでなく、発想力や表現力、創造性、好奇心といったテストでは測れない非認知能力であると思います。

 

非認知能力の重要性は日本でもここ最近ようやく注目され始めていますが、ではどうやったら具体的に伸ばすことができるのか、まだまだ未開拓な分野です。文部科学省も「主体的・対話的で深い学び」を推奨していますが、学校の授業はいまだに旧態依然としており、子どもたちもひたすら漢字・計算ドリルばかりをさせられています。

 

日本の教育はこのままでよいのでしょうか?

 

AIがますます発達するというのに、日本の子どもたちは未来にイノベーションを起こす人材に育っていけるのでしょうか?

 

そんな問題意識と、ドリルという日本のユニークな学び文化を掛け合わせて、新しいチャレンジングなプロジェクトを立ち上げます!

 

「世界一イノベーティブな親子ドリル」の開発です。

 

f:id:theternal:20190711064505j:plain

 

子どもたちの創造性や発想力、表現力を養うのに加え、親子ドリル形式をとることで親子の対話を促進し、子どもたちの自己肯定感や達成感を高めます。

 

世界の学びにイノベーションを起こすようなプロジェクトにしたいと思っています。

 

この親子ドリル開発プロジェクトに参画いただける有志を、オンラインサロン「本山ソーシャルイノベーション塾=MSI塾」で大募集します!我こそはという方、単純にどんなものなのか気になるという方、ぜひ気軽にご参加ください。具体的に親子ドリルを出版し、親子ドリルチームとして共同開発者の名前に加わっていただきます。

 

うんこドリルを超える一大旋風、ソーシャルイノベーションを起こしましょう。みなさんのご参加をお待ちしております!

camp-fire.jp

出逢う力

人は生涯を通して多くの人と出会います。

 

学校や職場で数年間一緒だったり、何十年も関係があったり、たった一回きりの出会いだったり。

 

私はどちらかというと第一印象がかたいイメージがあるからか、はじめは人から近寄りがたいと思われてしまうふしがあります。反省しつつも、顔や雰囲気はなかなか変えられないので、自分の弱味なのかなと思っています。

 

でも、私自身の「学び」や「挑戦」を振り返ると、必ずといってよいほど、人との「出逢い」がありました。ある人と出逢い、発見があり、学び、シナジーが生まれ、コラボレーションが起き、イノベーションが起きます。

 

私が初めて本を出す前、本を出すという夢があったのですが、なかなか実現せず断られていました。そんなとき、あるメールマガジンに掲載されていた作家養成ゼミの告知を見て、すぐに企画書を書いて応募しました。そこから私を見初めてくれたのが、日本の作家エージェントの草分け的存在である鬼塚忠さんです。

 

鬼塚さんとの出逢いによって、本を出すという夢が叶いました。それだけでなく、多くの出版社とのつながりが生まれ、「本を通して、世界に学びのイノベーションを起こす」「多くの人々が夢を叶えるためのエンパワーメントに献身したい」というもっと大きな夢と挑戦に進化していきました。

 

人との接点を、学びとコラボレーションに転換させることが「出逢う力」ではないかと思っています。

 

いま、私はオンラインサロンMSI塾という新しい実験と挑戦によって、「出逢う力」を新しい時代の学びの科目にしたいと思っています。

 

新しい出逢い。コラボレーションがうまれる新たな学びとイノベーション、ドキドキワクワクしながら待っています。

camp-fire.jp

f:id:theternal:20190710060842j:plain