まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

『16倍速勉強法』ベトナム進出決定!

拙著『16倍速勉強法』のベトナム語版翻訳出版のオファーが届きました!

『16倍速勉強法』は2008年、今から11年前に出版した私にとって二作目の著書ですが、おかげさまで版を重ね続け6万部のロングセラーになっています。ありがとうございます。

 

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

 

 

私の本はこれまでも韓国、中国、台湾、タイで翻訳出版されましたが、ついにベトナムにも初めての進出となりました!

 

f:id:theternal:20190804074800j:plain

勉強や学びという「自由の実践」を通して、誰もが夢や目標を実現してほしい、そのために人々をエンパワーしていくことが私のミッションだと考えているので、ベトナムの人々にも微力ながらも力になれるのであればうれしいです。

 

オンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾』でも、「世界一イノベーティブな親子ワークブック」の開発出版プロジェクトをスタートさせています。サロンメンバーには既にアメリカ在住者や韓国在住者の方もいます。親子ワークブックも世界各国に拡がり、世界に学びのイノベーションを起こすプロジェクトにしていきたいです!

 参画いただける方も大募集中です!⬇︎⬇︎⬇︎

camp-fire.jp

本嫌いを生み出す学校教育によって日本の大学生の半数は本を読まない  

言語能力はすべての教科の基礎となり、あらゆる活動に関わってくる要素となるので、非常に重要な力であることはいうまでもありません。しかし、国語が好き、本を読むのが好き、文章を書くのが好きという子どもは非常に少ないのが現状ではないでしょうか。小さい頃からコトバに慣れ親しみ、学校でも最も時間をかけて国語の授業を受けているのに、国語への興味、コトバへの好奇心が年を重ねるたびに薄れていくのはなぜでしょうか?

 

公益財団法人全国学図書館協議会の第63回学校読書調査(2017年)によると、1ヶ月に1冊も本を読まなかった人の割合は、小学生で5.6%、中学生で15.0%、高校生で50.4%です。つまり、小学校から中学校、中学から高校と、学校生活が長くなるほど、子どもたちは本をまったく読まなくなる傾向にあるということです。小学生の約95%は毎月何らかの本を読んでいるのに、高校では2人に1人は本を読まなくなります。(参照:

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/__icsFiles/afieldfile/2018/04/20/1403863_003_3.pdf

f:id:theternal:20190717065953j:plain

 

この傾向は大学生も同じです。全国大学生活共同組合連合会の第54回学生生活実態調査(2018年)によると、1日の読書時間が0と回答した大学生は48.0%にのぼります。2017年は53.1%だったので、やや回復傾向にあるかもしれませんが、いずれにせよ大学生でもおよそ2人に1人は本を読まないという現状です。

 

小学生はより平易な本を読んでいるということも想定されますが、それにしても学校生活を重ねるほど本を読まなくなるというのはいかがなものでしょうか?学校は、子どもたちが本来持っていたコトバへの好奇心を摘み取ってしまっているのではないでしょうか?

 

私はというと、小学生の頃はあまり本を読みませんでした。それが、高校生になるとあることがきっかけで本が好きになり、大学生になってからは「本の虫」といわれるほど読み漁りました。社会人になった今でも相当な読書量が継続していますし、さらに本を書く立場にもなりました。

 

好奇心を中心におくと、おいしいものを食べたいと思うように、本は自然と読みたくなります。そして、おいしいものを食べたときのように、喜びと満足感を得られ、知の栄養が成長につながります。

 

学校教育は経験すればするほど、コトバへの好奇心を削ぎ落とし、本を読みたくない人にしてしまいます。日本の教育は本当にそれでよいでしょうか?

私がオンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾」で学びのイノベーションを起こしたいと思ったのも、そんな問題意識からです。

 

物事の知識や解き方の正解を教え込まれるだけでなく、コトバや物語、論理や新しい世界に対して自らが好奇心をもって学んでいく。教育の時代から学びの時代へと大転換していかなければ、いつまでも本が嫌いで、指示されないと動けない人間を量産してしまうでしょう。

日本の教育は本当にこのままでよいのでしょうか?

 

motoyamakatsuhiro.hateblo.jp

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

 

何かに挑戦することは濃い人生を生きること~MSI塾開塾一週間

オンラインサロン「MSI塾=本山ソーシャルイノベーション塾」を開いて一週間が経ちました。

「まだ一週間しか経ってなかったんだ?」と思えるくらい、自分にとって濃い一週間となりました。

 

夢に向かって具体的に目標を立て、行動し、挑戦することは、それだけ「濃い人生」を生きることになります。

 

なんとなくぼーっと生きて、「ああなったらいいのに」とか、「いつかはこうなりたい」とか、「忙しいから落ち着いたらでいいや」とか、「お金がないからしょうがないか」とか、「失敗するかもしれないから」とか、そういう生き方をしていると、いつの間にか時間は経って、人生は終わってしまうかもしれません。

 

私は、与えられた一回限りの人生、限られた時間のなかで、借り物の時間のなかで、本物の夢をみたいと思っています。できるかできないかはやってみないと分からないから、とにかくやってみようと行動に移すように、自分自身を押し出します。

 

f:id:theternal:20190715063943j:plain

オンラインサロンも、これからどうなるか、まだはっきりとは分かりません。

でも、たった一週間で既に16名ものメンバーが入会してくれ、なんのカタチも校舎もないオンライン上の私塾に、同志が集まってきてくれました。それぞれの分野で経験があり、個性があり、私も一人ひとりと出会い、再会し、交流できることが、大きな刺激になっています。

 

そんな同志たち、なかまたちを大切にし、そして具体的に社会を変えるための一石を投じる行動に移していきたいです。

 

できることは初めは小さなことかもしれませんが、具体的なカタチにして世に出すことはできます。そして、そのカタチは私一人でつくるものより、あるいはメンバーが一人でつくるものより、より磨かれた、より社会に大きな影響を与え得るソーシャルイノベーションとなることを信じています。

 

私は高校時代から、吉田松陰松下村塾にあこがれて、いつかそんな私塾をつくりたいとおもってきました。その夢に向かって動き出しました。時代はまったくことなりますが、社会を変える原動力はいつも熱狂的な小グループから生まれものと信じています。

みなさんとの出逢い、参画をお待ちしています。

https://camp-fire.jp/projects/view/119631

camp-fire.jp

 

世界一イノベーティブな親子ドリル開発の参加者募集!

日本ってドリルがものすごくたくさんありますよね。

 

学校の宿題も漢字ドリルや計算ドリルですし、書店の学参や自動車コーナーに行ってもたくさんの知育ドリルが並んでいます。これだけ、ドリルが充実している国は他にないのではと思います。

 

それに、2017年にはうんこドリルも大流行しました。なんと、累計発行部数が330万部を突破したそうです。企画が子ども心のツボをおさえたこともさることながら、ドリル需要の高さがうかがわれる事象だと思います。

 

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

 

 

ただ、うんこドリルも他のドリルもそうですが、多くのドリルが漢字やひらがな、計算など基礎学力を養うものばかりです。もちろん、それらも大事ですが、新しい時代により必要とされるのは、漢字が正しくきれいに書けるようになることだけでなく、発想力や表現力、創造性、好奇心といったテストでは測れない非認知能力であると思います。

 

非認知能力の重要性は日本でもここ最近ようやく注目され始めていますが、ではどうやったら具体的に伸ばすことができるのか、まだまだ未開拓な分野です。文部科学省も「主体的・対話的で深い学び」を推奨していますが、学校の授業はいまだに旧態依然としており、子どもたちもひたすら漢字・計算ドリルばかりをさせられています。

 

日本の教育はこのままでよいのでしょうか?

 

AIがますます発達するというのに、日本の子どもたちは未来にイノベーションを起こす人材に育っていけるのでしょうか?

 

そんな問題意識と、ドリルという日本のユニークな学び文化を掛け合わせて、新しいチャレンジングなプロジェクトを立ち上げます!

 

「世界一イノベーティブな親子ドリル」の開発です。

 

f:id:theternal:20190711064505j:plain

 

子どもたちの創造性や発想力、表現力を養うのに加え、親子ドリル形式をとることで親子の対話を促進し、子どもたちの自己肯定感や達成感を高めます。

 

世界の学びにイノベーションを起こすようなプロジェクトにしたいと思っています。

 

この親子ドリル開発プロジェクトに参画いただける有志を、オンラインサロン「本山ソーシャルイノベーション塾=MSI塾」で大募集します!我こそはという方、単純にどんなものなのか気になるという方、ぜひ気軽にご参加ください。具体的に親子ドリルを出版し、親子ドリルチームとして共同開発者の名前に加わっていただきます。

 

うんこドリルを超える一大旋風、ソーシャルイノベーションを起こしましょう。みなさんのご参加をお待ちしております!

camp-fire.jp

出逢う力

人は生涯を通して多くの人と出会います。

 

学校や職場で数年間一緒だったり、何十年も関係があったり、たった一回きりの出会いだったり。

 

私はどちらかというと第一印象がかたいイメージがあるからか、はじめは人から近寄りがたいと思われてしまうふしがあります。反省しつつも、顔や雰囲気はなかなか変えられないので、自分の弱味なのかなと思っています。

 

でも、私自身の「学び」や「挑戦」を振り返ると、必ずといってよいほど、人との「出逢い」がありました。ある人と出逢い、発見があり、学び、シナジーが生まれ、コラボレーションが起き、イノベーションが起きます。

 

私が初めて本を出す前、本を出すという夢があったのですが、なかなか実現せず断られていました。そんなとき、あるメールマガジンに掲載されていた作家養成ゼミの告知を見て、すぐに企画書を書いて応募しました。そこから私を見初めてくれたのが、日本の作家エージェントの草分け的存在である鬼塚忠さんです。

 

鬼塚さんとの出逢いによって、本を出すという夢が叶いました。それだけでなく、多くの出版社とのつながりが生まれ、「本を通して、世界に学びのイノベーションを起こす」「多くの人々が夢を叶えるためのエンパワーメントに献身したい」というもっと大きな夢と挑戦に進化していきました。

 

人との接点を、学びとコラボレーションに転換させることが「出逢う力」ではないかと思っています。

 

いま、私はオンラインサロンMSI塾という新しい実験と挑戦によって、「出逢う力」を新しい時代の学びの科目にしたいと思っています。

 

新しい出逢い。コラボレーションがうまれる新たな学びとイノベーション、ドキドキワクワクしながら待っています。

camp-fire.jp

f:id:theternal:20190710060842j:plain

 

一歩前に踏み出す勇気

人生には選択を迫られるときがあります。

 

右か、左か。

やるか、やらないか。

前に進むか、留まるか。

 

私の人生訓として、どちらかの選択に悩んだときは、より困難な道を選ぶようにしています。

そして、成功するかどうか分からなくても、とにかく前に一歩踏み出すようにしています。

 

大学受験のときも、留学のときも、ブログを書き始めたときも、本を出そうというときも、育休を初めて取ったときも、多くの新規事業を立ち上げたときも。

 

もちろん、うまくいかなかったらどうしようと悩んだり、なかなか身体が動かなかったりすることもあります。でも、勇気を出して「えいやっ!」と一歩前に踏み出すことで、挑戦は具体的にスタートし、道は少しずつ開かれます。失敗しても、その要因を分析して、軌道修正しながら挑戦し続ければよいのです。

 

f:id:theternal:20190709063454j:plain

オンラインサロン「本山ソーシャルイノベーション塾=MSI塾」を始めたのも、そんな不安な気持ちを乗り越えて、一歩前に踏み出して、具体的に行動に移した新たな挑戦です。

 

何が始まるのか、私自身がドキドキワクワクしながら、手探りで新しいセカイに挑んでいます。

 

ぜひ皆さんにも一歩踏み出してみていただきたいです。

それぞれの挑戦があると思います。行動に移すことで、変わっていきます。

MSI塾でも、そんな一歩踏み出す勇気を後押ししたいと思っています。

 

camp-fire.jp

オンラインサロン「本山ソーシャルイノベーション塾(MSI塾)」開塾!

f:id:theternal:20190707140517j:plain


 

7月7日。オンラインサロンを創設リリースしました!

サロン名は「本山ソーシャルイノベーション塾(MSI塾)」です!

 

その名の通り、社会にイノベーションを起こすことを目指し、様々な問題意識や志をもった個が、組織の枠を超えて集まるサロンとしたいです。

 

教育や子育て、社会課題の解決に向けて、これまでにないような新しい手法や取り組みをサロンメンバーと一緒にチャレンジしていきたいと思っています。

 

本サロンの一つの特徴と強みは「ソーシャル」を全面に出していること。塾長である私自身がソーシャルイノベーションのハブとなることを活動理念に掲げ日本財団で長年勤めてきた経験をもとに、社会課題の解決に向けて本気で取り組みます。そして、組織のしがらみなしに、志とアイディア、つながりとネットワークを武器にして、オンラインサロンだからこそできることに挑戦します。

 

もう一つの特徴と強みは、「出版」という目に見える社会へのアウトプットをセットにできることです。私はこれまで13冊ほどの本を出版し、その多くが重版となり、海外への翻訳出版も含めたベストセラーとなっています。出版業界とのネットワークを武器に、MSI塾のメンバーたちと一緒に手がけるイノベーションプロジェクトを具体的に本の形にもして世に出していきます。

 

既存のオンラインサロンで成功している、キングコング西野亮廣さんや、堀江貴文さん、幻冬社の箕輪さんなども本の出版という分かりやすいアウトプットが定期的にあることでサロンのモーメンタムをつくっています。

 

MSI塾でも、ソーシャルイノベーションを起こすプロジェクトと出版を両輪にして、具体的に世の中に波紋を広げる動きをしていきます。メンバー一人ひとりも、出版を含めてプロジェクトの参画者となっていただけるので、学びと成長につながる経験が得られるかと思います。

 

オンラインサロン「本山ソーシャルイノベーション塾」MSI塾、何をやるんだろうと?気になった方は、お試しでよいのでぜひ入会してみてください!ご入会手続きは大手クラウドファンディングのプラットフォームCampfireからです。

 

camp-fire.jp