まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

東大生人気1位のマッキンゼーが『採用基準』で地頭や論理的思考力より大切にしているもの

採用基準

採用基準

 

3月1日から新卒大学生/大学院生の就職活動のエントリー受付が一斉開始する。

少子化で人手不足が蔓延化するなか、企業の求人総数は増加しており、大卒求人倍率は2019年3月卒で1.88倍と、前年比で0.1ポイント増加している。 この傾向は、今後もさらに続いていくだろう。

 

いつの時代も、企業にとってどのような人材を採用するかは、その企業の将来を左右することになる重要な企業活動の一つだ。

 

私が東大を卒業した15年前、外資経営コンサルタントが就職先として人気を博すようになっていたが、今もその潮流は変わらない。「ONE CAREER」の調査によると、2019年卒業予定の東京大学京都大学の学生の人気企業ランキングでは、マッキンゼー・アンド・カンパニーが第1位だ。ベスト10は以下の通りとなっている。

  1. マッキンゼー・アンド・カンパニー
  2. 野村総合研究所
  3. ボストン コンサルティング グループ
  4. アクセンチュア
  5. ベイン・アンド・カンパニー
  6. 三菱商事
  7. A.T.カーニー
  8. デロイト トーマツ コンサルティング
  9. P&Gジャパン
  10. ゴールドマン・サックス

さて、東大生に一番人気のマッキンゼーの採用基準とはなにか、気になるところだろう。

マッキンゼー・ジャパンで長く採用や人材育成のマネジャーを務めた伊賀泰代氏の著書で、出版時に話題となった『採用基準』という本がある。

同著によると、一般的に、マッキンゼーは地頭や論理的思考力の高い人材を重視しているというイメージが強いが、実はそうではなく(それだけではなく)、最も重視しているのが「リーダーシップ」である。日本では、リーダーシップがごく少数の組織の経営層にのみ必要で、さらに育成するものではなく、生まれ持ったものであるという大きな誤解をしているという。

企業でも、リーダーシップ教育の観点がないため、どんなに優秀な人材も大企業のなかで長年過ごすと、リーダーシップが育たず、凡庸な人材になってしまい、世界では通用しなくなってしまう。

マッキンゼーでは、採用の段階からリーダーシップのポテンシャルを重要視し、就職した後も、実務や研修の機会を通してリーダーシップの育成に力を入れる。

意外にもシンプルなことだけど、ビジネスで真に成果を出すことを考えれば、当然のことなのかもしれない。企業の立場からすれば、このシンプルな原理を、採用や育成にどう実践するかが難しいところだろう。

 

私自身は12年前、マッキンゼーはじめ経営コンサルやどんな大企業よりも、将来大きく成長する余地のある非営利セクターで大きな存在感をもつ日本財団を選択した。上記のような就職人気ランキングで日本財団がランク入りし、有為な人材が非営利セクターにたくさん入ってくるようになることで、社会のイノベーションがもっと進むことを目指している。

もちろん、多様なセクターを巻き込んで社会変えていくために、リーダーシップが求められる仕事だ。

3月1日から日本財団のエントリーも開始する。社会をよりよくするために挑戦したい方とぜひ一緒に仕事をしたい。

job.mynavi.jp

『イノベーション脳を伸ばす親子ドリル』プロジェクトを始動します!

イノベーション脳 を伸ばす親子ドリル 』(仮)という新しいドリル出版企画を準備しています。

ドリルを親子でやれば、子ども自身が考えたオリジナルキャラクターやオリジナル絵本が創れるというチャレンジングな企画です。

 

日本にはドリル学習という定番の自習ツールがあります。漢字やひらがな、計算、迷路など様々なジャンルのドリルが出ていますが、どれもが認知能力や知識を伸ばすためのものばかりです。

 

しかし、これからの時代に求められる力は認知能力だけでなく、創造性や発想力、表現力や好奇心、やりぬく力などペーパーテストでは測定しづらい「非認知能力」も非常に重要です。この非認知能力のうち、とくに創造性・発想力・表現力を総合した力を私は仮に「イノベーション脳」と名づけてみました。英語でいえば、innovative mindsetです。

 

このイノベーション脳を子どもたちが伸ばすために、具体的なワークができる新しいドリルを創っちゃおうと思っています。さらに親子で一緒にやる「親子ドリル」という点でも新しい企画です。昨今、「うんこドリル」が流行りましたが、もっともっと本質的で、ワクワクするような楽しいドリルになります。

 

いま、その原案ができてきていて、先日子ども10名ほど招いて親子ワークショップをやってみました。うちの5歳の娘も初めての絵本作品を創作できました! 

こんな感じです。

https://www.instagram.com/k_motoyama/p/Bts7eAQAfpg/

題「くまくんとねこちゃん」 さく:もとやま◯◯◯(5歳)

オリジナルキャラクター:

ねこちゃん

夢:りぼんやさん

とくいなこと:りぼんをぬうこと

性格:やさしい

年齢:5さい

f:id:theternal:20190210172713j:plain

ねこちゃん「くまくんおはよう」

くまくん「ねこちゃんおはよう」

 

f:id:theternal:20190210172721j:plain

ねこちゃん「いっしょにこうえんいこ」

くまくん「いいよ」

 

f:id:theternal:20190210172729j:plain

ねこちゃん「いっしょにすべりだいいこ」

くまくん「いいよ」

f:id:theternal:20190210172737j:plain

ねこちゃん「もおゆうがたになったからかえろよ」

f:id:theternal:20190210172744j:plain

 

ということで、初めてのチャレンジでしたが、親が指示をしないで自分でオリジナル絵本をつくることができました!正直、5歳には難しいかなとも思っていましたが、びっくりです。

「もっとやりたい!」「続きはいつできる?」と聞いてきています。

ほかにも4歳から10歳までやってみましたが、それぞれがオリジナルキャラクターや絵本を創作できていました。

 

早くこのドリルを世に出したいです!

日本の教育に、イノベーションを起こします!

『最強の暗記術』中国語版の出版が決まりました!

拙著『最強の暗記術』、順調に読まれ続けており、中国語版の翻訳出版のオファーがありました!


人民郵電出版社有限公司 科普出版分社という出版社からで、欧米系著作の取り扱いが多く、日本の本の翻訳はまだ少ないそうです。


私の勉強法に関する本は韓国や中国、台湾などからも翻訳出版の依頼が多いですね。


私の本もこれまで中国では、『僕の独学戦記』や『16倍速勉強法』が出版され好評いただいております。いかにも、中国っぽい表紙にされてしまっていますが。。f:id:theternal:20190207060048j:plain


いずれも重版いただいており、日本人だけでなく、普遍的に実践できる勉強法だと評価いただけたのでしょうか。


暗記術については、いわゆるテストのための暗記1.0だけでなく、ビジネスにも使えるアウトプット暗記術である暗記2.0や、長期に夢を叶える暗記3.0も紹介しているので、中国の方々にどのように読んでいただけるか楽しみです。


日本の読者のみなさんも、まだの方はぜひ読んで実践してみてください!

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

「人材開発どうしたらいいの?」と思ったときに読む本7選

人を育て、社会にイノベーションを起こしていく。

これが私自身の2019年のテーマです。

そこで、人材開発に関する著作を、まずは気になったものからざっと読んでみています。以下、7冊をご紹介します。

 

1) ワーク・ルールズ

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

 

グーグルの人事トップ(ピープルオペレーション担当副社長)が著したグーグル社の採用・育成・人事について。
グーグルがイノベーティブに成長し続け、かつ社員の満足度が高く、楽しく仕事ができる組織であり続けられている秘訣が披露されている。
どんなことも「人」を大事にすること、最高の人材を惹きつけることが組織発展の肝であることを再認識させられた。採用への力の入れようがすごい。人事制度についても経営層の感情論ではなく、エビデンスを重視して判断しているところがグーグルらしい。これからの人材戦略の最先端をいっている。

 

2) How Google Works

 同じくグーグル本だが、こちらはCEOのエリック・シュミットによる著書。人材戦略が単に人事が行うことではなく、経営トップが強く意識し、力を注ぐべき中核事業であること、また、これまでのMBA的発想を超えた人材戦略と、スマートクリエイティブに自由を与えるという徹底した文化がグーグルの驚異的成長を支えていることを確認できる。

 

 3) 隠れた人材価値

隠れた人材価値 (Harvard Business School Press)

隠れた人材価値 (Harvard Business School Press)

 

 グーグルだけでなく、どの業種でも長期的に成長し続けている企業は人材を非常に大切にしているという共通点をもつ。また、最優秀エリートを集めているだけでなく、人材は多様でも、その企業のコアとなるバリュー価値観を大切にし、それを組織文化、行動様式、人事制度、事業展開に落とし込んでいる。人を大切にし、長期的視野を持つ組織が成長し続けることを確認できる。

 

4) ビジョナリーカンパニー2、ビジョナリーカンパニー特別編

ビジョナリーカンパニー【特別編】

ビジョナリーカンパニー【特別編】

 

偉大な組織への飛躍は、何よりもまず 「最初に人を選ぶ」こと。適切な人を主要な席につけることから始まる。企業でも非営利法人でも同じことがいえる。

 

5) チームのことだけ考えた。

日本企業、それも大企業ではなく数百名規模の企業の事例をと思って、サイボウズの青野社長の著書も読了。典型的なITベンチャーとして、働きまくって離職率も高い(28%)という初期の段階から、役員陣によるビジョナリー合宿で誰もが共有できるビジョンを明確化し、ビジョンを軸にチームをつくり、組織のコアとした多様性をテーマに人事制度もつくりなおしたプロセスが描かれていてる。結果的に離職率は4%に低下し、社員のモチベーションアップが向上、副業OKやテレワーク、育休6年など特徴的な人事制度がメディアにも多く取り上げられ、企業規模以上の知名度や採用力向上につながっている。外国企業でなく日本企業でもこういった人材戦略が可能なのだということを感じさせてくれる一冊。

 

6) 複業の教科書

複業の教科書

複業の教科書

 

サイボウズでも実践されているが、これからの時代、優秀な人材を惹きつけるには、制度で縛り付けるのではなく、いかに才能ある人材に自由を与え、さらに社外でも人脈や経験を広げる機会をつくるかも鍵になる。日本でも副業解禁の波が起きつつあるが、自身もリクルートで副業/複業の経験を持ち、HRや複業コンサルティングで独立された西村創一郎さんの著書。

私は今後、企業の複業解禁と人材不足のNPO公益法人のマッチングがうまく進めば価値ある動きになると思っています。

 

7) これからの「できる課長」の条件

これからの「できる課長」の条件 (アスカビジネス)

これからの「できる課長」の条件 (アスカビジネス)

 

上記の著作がどちらかというとこれからの新しい時代に即した人材戦略であるのに対して、マネジャーとして課長の役割の基本を整理した著書。著者からの献本で読ませていただいた。マネジャーが具体的に何をすべきか、わりと体系立てて振り返る機会は少ないので、具体的な基本をおさえる教科書的な本。

 

共通していることは、人を最優先に大事にすること。そして、口先だけではなく、組織全体に浸透する文化をつくり、制度を日々運用改善していくこと。経営トップが人材戦略を重要視し、人事部門だけでなく全マネジャーが同様に人材開発を職務として取り組むこと。ここら辺が肝になること再認識させられた。

 

 

2019年の目標「育人創社」

f:id:theternal:20181223064125j:plain

今週のお題「2019年の抱負」

新年明けましておめでとうございます!

早速ですが、毎年恒例としている2019年の年頭の目標と抱負を定めたので公開します。

2019年の抱負は・・・

 

「育人創社」

 

今年は人を育てることを通して社会にイノベーションを起こすことをテーマとして挑戦していきます。

 

これまではどちらかというと、自分自身が個として挑戦する、あるいは組織の一員として挑戦する場面が多かったです。そのフェーズを一段階進めて、「人を育てる」こと、育成した人材をつなぎ合わせてコミュニティを創出すること、そして人材と人材とで化学反応を起こして社会にイノベーションを起こすことに注力していきたいです。

 

具体的には、所属機関である日本財団でも、個人としての活動でも、著作でも新たな新規大型プロジェクトを準備しています。これらをすべて立ち上げ、軌道に乗せ、「育人創社」をテーマにイノベーションを起こしていきます。

 

どれも自分自身にとって初めてとなる新たな挑戦であり、一緒にやっていく「人」にとっても創造的挑戦の機会となり、社会にとってもイノベーションとなるものです。

それぞれ順次発表していくので、お楽しみにしてください!

 

また、人材と人材とで化学反応を起こして社会にイノベーションを起こすという観点から、今年からは「対談」の機会を大事にしたいです。各分野の第一線で活躍されている方、現在進行形で挑戦されている方、様々な方々とメディアやイベント等で「対談」し、化学反応を起こしていきたいです。

昨年末は戸田市長の菅原文仁市長と政治山で対談させていただきましたが、そんな機会をもっと増やしていきたいと思います。

headlines.yahoo.co.jp

 

各分野の様々な方との「化学反応」の機会を持ちたいと思っていますので、ぜひお声がけください!

 

そして、「育人」という意味では子育てにも全力投球していきます。これも我が家の子育ての経験を発信していきながら、様々な方々とコラボしていきたいと思っています。

 

2019年、今年もよろしくお願いいたします!

2018年を自分史10大ニュースで振り返る

2018年も残すところわずかとなりました。

自分にとっては毎年が激動の一年ではありますが、今年はとりわけ変化の大きい一年となりました。

「天職開花」を今年のテーマとしてきましたが、まさに自分自身の天職への道を本格スタートさせる年となったかもしれません。

 自分のなかで恒例としている「自分史10大ニュース2018」で今年一年を振り返ります。

 

1位 パラサポから日本財団子どもの貧困対策チームのチームリーダーに異動

なんといっても2018年で一番大きかった変化。団体創設から怒涛の3年間を駆け抜けてきたパラサポ(日本財団パラリンピックサポートセンター)への出向期間を終え、日本財団に戻りました。そして、子どもの貧困対策という自分自身のバックグラウンドや専門性をいかせる分野への新たな挑戦が始まりました。子どもの貧困問題を解決し、貧困の連鎖を断ち切ることを自身の天職とし、全身全霊をかけて取り組みたいです。

motoyamakatsuhiro.hateblo.jp

 

2位 『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』出版

 

3位 平昌パラリンピック香取慎吾さんらと一緒に視察

f:id:theternal:20180309203754j:plain



4位 『最強の暗記術』出版→4刷重版、『最強の独学術』6刷重版

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

 

 

5位 日本学生支援機構の役職員に講演会

 

6位 2019始動させる「Xプロジェクト」を準備

 

7位 日本財団内である新規プロジェクトを準備

 

8位 父や家族に大きな変化(実家の引越等)

 

9位 天職を共にするであろう人々との出会い

 

10位 5児の父親・夫として一年間走り切る

 

今年一年を改めて振り返って、「天職」のスタートであり、そういった観点から「学」「育」「イノベーション」の三点を意識した一年となりまひた。

2019年はさらなる挑戦の年としたいです!

 

みなさま、今年一年本当にお世話になりました!

様々なかたちで応援いただき、ありがとうございました!!

 

StudyHacker記事掲載「極貧から東大とハーバードに合格した男の最強の独学術」

勉強法系ウェブメディア大手「StudyHacker」に記事が3回にわたって掲載されました。

ハウツーの部分から、新しい観点や考え方、私の目標なども分かりやすくまとめていただきました。よかったらご一読してみて下さい。

 

studyhacker.net

 

studyhacker.net

 

studyhacker.net

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

最強の暗記術 ~あらゆる試験・どんなビジネスにも効く「勝利のテクニック」~

 

 

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」