まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもサポートTチームリーダー兼人材開発Tチームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

学業をあきらめるなキャンペーン『今こそ奨学金』100名にプレゼントします!

緊急事態宣言が解除されました。

医療従事者の献身的な治療看護や国民の外出自粛の努力の賜物だと思います。とはいえ、まだまだ油断できない状況で、第二波第三波に備えていかなければなりませんし、経済的な苦境を乗り越えていかなければなりません。

多くの大学生がアルバイトができなくなったり、家庭からの仕送りが減って、学費が賄えず退学を考えているという報道もありました。

そんなニュースに触れていた折、以下の記事を人に教えられて読みました。

note.com


記事中に、拙著『今こそ奨学金の本当の話をしよう。』のことが言及されていて、記事のメッセージにも深く共感し、自分に何かできないかと考えていました。


私個人では、政府のようにお金を支給することはできませんが、『今こそ奨学金』をプレゼントして、必要な情報や考え方、情熱を届けることはできないかという考えに至りました。

 

価格としては一人1000円弱のプレゼントですが、もしかしたら、本に触れたことにより大学進学・卒業の力や資金を得ることにつながるかもしれないという想いからです。


魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える。そして、魚を釣りたいという情熱と好奇心の火を灯すことが大切だと考えています。


そこで、学生さん(対象者は限定しません)など希望者に、『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』(筆者サイン入り)を100名にプレゼントするキャンペーンをしたいと思います!
希望される方は、以下の奨学金に関するアンケートにご回答ください。

https://forms.gle/LkyMuRimnZmhMy816

 

100名分用意いたしますが、応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

今すぐに学費の足しになるような支援ではありませんが、奨学金に関する情報や考え方、学びに対する情熱など、少しでもお力になれればうれしいです。

突破口は必ずある!

f:id:theternal:20200529065153j:plain