まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

出逢う力

人は生涯を通して多くの人と出会います。

 

学校や職場で数年間一緒だったり、何十年も関係があったり、たった一回きりの出会いだったり。

 

私はどちらかというと第一印象がかたいイメージがあるからか、はじめは人から近寄りがたいと思われてしまうふしがあります。反省しつつも、顔や雰囲気はなかなか変えられないので、自分の弱味なのかなと思っています。

 

でも、私自身の「学び」や「挑戦」を振り返ると、必ずといってよいほど、人との「出逢い」がありました。ある人と出逢い、発見があり、学び、シナジーが生まれ、コラボレーションが起き、イノベーションが起きます。

 

私が初めて本を出す前、本を出すという夢があったのですが、なかなか実現せず断られていました。そんなとき、あるメールマガジンに掲載されていた作家養成ゼミの告知を見て、すぐに企画書を書いて応募しました。そこから私を見初めてくれたのが、日本の作家エージェントの草分け的存在である鬼塚忠さんです。

 

鬼塚さんとの出逢いによって、本を出すという夢が叶いました。それだけでなく、多くの出版社とのつながりが生まれ、「本を通して、世界に学びのイノベーションを起こす」「多くの人々が夢を叶えるためのエンパワーメントに献身したい」というもっと大きな夢と挑戦に進化していきました。

 

人との接点を、学びとコラボレーションに転換させることが「出逢う力」ではないかと思っています。

 

いま、私はオンラインサロンMSI塾という新しい実験と挑戦によって、「出逢う力」を新しい時代の学びの科目にしたいと思っています。

 

新しい出逢い。コラボレーションがうまれる新たな学びとイノベーション、ドキドキワクワクしながら待っています。

camp-fire.jp

f:id:theternal:20190710060842j:plain