まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

2019年の目標「育人創社」

f:id:theternal:20181223064125j:plain

今週のお題「2019年の抱負」

新年明けましておめでとうございます!

早速ですが、毎年恒例としている2019年の年頭の目標と抱負を定めたので公開します。

2019年の抱負は・・・

 

「育人創社」

 

今年は人を育てることを通して社会にイノベーションを起こすことをテーマとして挑戦していきます。

 

これまではどちらかというと、自分自身が個として挑戦する、あるいは組織の一員として挑戦する場面が多かったです。そのフェーズを一段階進めて、「人を育てる」こと、育成した人材をつなぎ合わせてコミュニティを創出すること、そして人材と人材とで化学反応を起こして社会にイノベーションを起こすことに注力していきたいです。

 

具体的には、所属機関である日本財団でも、個人としての活動でも、著作でも新たな新規大型プロジェクトを準備しています。これらをすべて立ち上げ、軌道に乗せ、「育人創社」をテーマにイノベーションを起こしていきます。

 

どれも自分自身にとって初めてとなる新たな挑戦であり、一緒にやっていく「人」にとっても創造的挑戦の機会となり、社会にとってもイノベーションとなるものです。

それぞれ順次発表していくので、お楽しみにしてください!

 

また、人材と人材とで化学反応を起こして社会にイノベーションを起こすという観点から、今年からは「対談」の機会を大事にしたいです。各分野の第一線で活躍されている方、現在進行形で挑戦されている方、様々な方々とメディアやイベント等で「対談」し、化学反応を起こしていきたいです。

昨年末は戸田市長の菅原文仁市長と政治山で対談させていただきましたが、そんな機会をもっと増やしていきたいと思います。

headlines.yahoo.co.jp

 

各分野の様々な方との「化学反応」の機会を持ちたいと思っていますので、ぜひお声がけください!

 

そして、「育人」という意味では子育てにも全力投球していきます。これも我が家の子育ての経験を発信していきながら、様々な方々とコラボしていきたいと思っています。

 

2019年、今年もよろしくお願いいたします!