まなブロ by 本山勝寛

「学びのエバンジェリスト」本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

『16倍速勉強法』6刷5万2500部重版出来!

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

16倍速勉強法―「東大」「ハーバード」ダブル合格 (光文社知恵の森文庫)

拙著『16倍速勉強法』に再び重版がかかりました。文庫版では第6刷目、ペーパーバックスでは5刷だったので、合わせて11刷目の重版、5万2500部となりました。

ペーパーバックスの刊行(2008)から文庫化(2011)へと9年の歳月を経ても、いまなお読まれ続けています。これまでご購読いただいた5万人以上の方々に、心から感謝申し上げます。

Amazonで比較的最近ついたレビューから少し抜粋します。

読むだけでやる気がでます。
又、やる前から「自分にはとても出来ない。受かる筈ない。
」と諦らめてしまっている心を
ロジックを使って変えさせてくれます。
何度も繰り返して読む価値のある本です。

 普段キャッチーな書名の本は手に取らないが、Amazonレビューが面白かったことから気になり、Kindleで読了した。どうせ軽い内容だろうと思い、高をくくって読み始めたが、良い意味で見事に期待を裏切られた。内容に関しては、他の優れたレビューを参照してもらい、私は本書に★5個を付けた理由を説明したい。まず、著者が特別な環境で育ってきたわけではなく、戦略面で工夫したからであり、誰にでも盗める内容であることが素晴らしい。目標設定では、大きな目標から"具体的な毎日のノルマ"の設定方法まで掘り下げており、東大生には普通かもしれないが、私には新鮮ですぐに実践したいものであった。また、勉強時間を増やす方法や効率の上げ方は、勉強のできる人が同じ時間を"どういう意識"で使っているかを教えてくれた。素直な人であれば、私でもやれると確信を持ち、戦略設定後、必死に机に向かうようになると思う。

この本は私が実践してきた勉強法の王道をまとめたものです。長く読まれ続けているのは、実際に読んでいただいた方が勉強のモチベーションを上げ、効果的な勉強を実践できるようになっているからだと思います。私のもとにも、読者から「◯◯に合格した」とか「◯◯に留学できた」といったうれしい報告やお便りをいただくことがよくあります。

まだ読まれていない方、勉強をもう少しがんばってみようという方、学生も社会人もぜひ手にとって読んでみてください!

関連記事
本の寿命について考えてみた