まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

2015年を振り返る

2015年も残すところわずかとなりました。今年の目標を「格物致知誠意正心 修身斉家治国平天下」として出発しましたが、想定以上にいろいろなことがあった一年となりました。自分自身の内省と備忘録のため、今年一年をブログ上でも振り返っておきます。

1月
ハンセン病「グローバルアピール2015」キャンペーン
これまで世界各地で開催してきたハンセン病差別撤廃のためのキャンペーン。第10回目の節目となる今年は初めて日本で開催し、安倍首相の出席や、世界のハンセン病回復者を連れての天皇皇后両陛下への謁見など大々的に展開。

3月
国連防災世界会議 in 仙台
10年に一度の防災会議で、障害者インクルーシブな防災を進展させられるよう奔走。採択された仙台防災枠組に障害者の役割の重要性について盛り込むことに成功。

・『16倍速英語勉強法』出版
8冊目となる本を朝日新聞出版から上梓

ハーバード合格 16倍速英語勉強法

ハーバード合格 16倍速英語勉強法

・国際会議で行った講演を皮切りに国内外20カ所以上で講演会の行脚

・祖母5周忌、祖父40周忌に親戚100名以上が集まる

6月
・NY国連本部とジュネーブ国連本部でハンセン病国際会議開催
ハンセン病と人権世界5地域シンポジウムシリーズの最終回をジュネーブで完結させ、国連フォローアップ決議につなげることができた。4年間従事したハンセン病担当として総まとめの仕事に。

日本財団パラリンピックサポートセンター出向
2020に向けてパラリンピックムーブメントを起こすべく日本財団が新しく創設したパラサポに異動。初めての出向。

7月
第四子誕生
第四子、三女が生まれ、四児の父親に。3回目の育児休業を50日間取得し、育児にも専念。夏休み期間の子どもたちと毎日一緒に過ごす貴重な期間に。

10月
「これも学習マンガだ!〜世界発見プロジェクト」スタート
楽しい学びの革命、edutainmentを世界に届けたいという問題意識をもとに、新規プロジェクトを立ち上げる。ネットを中心に大きな反響が。

11月
パラリンピック競技団体共同オフィスオープン、パラ駅伝開催
SMAPにも応援に駆けつけていただいたパラリンピック競技団体共同オフィスオープン発表会とパラ駅伝を開催。1万4千人以上が来場、マスコミも多数駆けつけ、大きな反響が。

この他、毎日新聞特集ワイド、雑誌プレジデント、フジテレビのホウドウキョク、JWAVEなどで取材インタビューを受け、60本以上のブログ記事を投稿。9冊目の本の執筆に取り掛かっています。

修身斉家治国平天下。
世界の平和もまずは自分自身の家庭から。多くのことがあった一年でしたが、妻や家族に支えられてなんとか乗り越えてこれました。そして、第四子の娘を授かり、新しい家族を迎えられたことはなんといっても一番大きなイベントでした。また、70を越えた父や親族のことも、今まで以上に考えるようになりました。

この一年の全てのことに感謝し、この場を借りて皆様にお礼申し上げます!