まなブロ by 本山勝寛

「学びのエバンジェリスト」本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

第四子を授かりました

報告があります。
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、第四子を授かりました。予定日は7月中旬、ちょうど夏休みに入るくらいの頃です。
三人でも毎日が戦争状態、動物園状態ですが、これが四人になったらどうなることやら、、今から楽しみでしかたありません。
日に日に大きくなる妻のお腹を間近に見ながら、一人一人のいのちが奇跡であり、ほんとうに愛と投入と苦労の土台の上に生まれてくるんだなあと、改めて実感しています。

もうすぐ四人の母親になる妻が、昨日誕生日を迎えましたが、詩を贈りました。恥ずかしい限りですが、もしかしたら子宝に恵まれる「秘訣」かもしれないので、ご紹介いたします。(笑)

君が生まれてきた日
僕にとって一番大切な日

君と出逢ひ、結び合えたこと
僕にとって一番の悦び

君と愛し生まれてきたこどもたち
僕にとって一番の宝物

君とこうしていられる瞬間
僕にとって一番の幸せ

いつも側にいてくれてありがとう
生まれてきてくれてありがとう

2015.5.23

関連記事
人生の9割は親の夫婦仲で決まる?
少子化に最も効くのはありがとうという言葉なんじゃないかと