まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

「受験の朝日新聞」とメディア・リテラシー教育

朝日新聞問題が騒がしい。朝日新聞といえば、その記事が大学受験の問題に使用されることが多いということで、学生やその父兄、教育現場に対して「受験の朝日新聞」を売りにしていることでも有名だ。

実際に朝日のウェブサイトによると、2014年度の朝日の出題大学数は242大学で全体の42%、出題問題数437問で全体の50%と、他紙を圧倒している。ちなみに、出題問題数2位は日経18%、3位読売16%、4位毎日14%、5位産経2%と続く。

試験に活用されるのが多いのは「天声人語」、オピニオン、社説と続き、特に教育界における天声人語の地位は別格扱いだ。教育現場では天声人語を書き写させることまでやっているところもあるそうだ。

学生が新聞記事を読み解くことは大いに推進されるべきことであるが、こうも一紙に偏りがある傾向には懸念を抱かざるを得ない。そもそも新聞に書かれていることだからいつも正しいと思わせ、それを「写経」させるようなことはメディア・リテラシー教育として適切ではない。特に、社説やコラムのように主観的意見が強いものであればなおさらだ。

新聞といえどもその主張を鵜呑みにせず、論理に飛躍がないか、根拠が十分であるか、対立意見に対して反駁できているか等、批判的思考をもって読む力を養っていく必要がある。同じテーマでも複数の新聞を読み比べ、どちらに説得力があるか、他の考え方はないかを考えさせるような教育こそが重要だ。

昨今の朝日新聞による慰安婦報道の記事訂正問題では、そのことを改めて確認させられたのではないだろうか。教育界ではこれまで朝日新聞が異様なまでに重宝されてきた。そのことが、日本人のメディア・リテラシー教育に果たして貢献してきたのか、それこそ「検証」する必要があるのではないだろうか。

関連記事
大学生の四割が本を読まなくなった日本で、本をもっと読むようになる方法を考えてみた
スマホ時間長いほど学力は下がるのか