本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

学生支援機構がサラ金よりも悪質か比較してみた

またこの手の極論か・・・と思わず溜息が出たが、奨学金制度を擁護する論者が他にあまりいないので、再度書いておきたい。問題の記事は、ブロゴスに転載されネット上で拡散された週刊金曜日の「日本学生支援機構の利息収入は232億円――奨学金はサラ金よりも悪質」というもの。

記事中で、中京大学の大内裕和教授の「成績優秀者などで無利子に貸与される第一種より、多くは利息付きの第二種。たとえば、毎月一〇万円借りれば利率三%で返還総額は六四六万円。毎月二万七〇〇〇円となり完済まで二〇年かかる。非正規労働にしか就けない若者に返せるわけがない。」といったコメントや、聖学院大学柴田武男教授が「学生支援機構はサラ金よりも悪質とも言えるが、日本育英会が母体で国民が信用してしまっている」と指摘したことを紹介している。

日本学生支援機構奨学金滞納者数増加と返済率向上のカラクリや具体的な改善策、その他の全体像については、以前の記事「奨学金制度たたきはいい加減やめませんか」や、「極貧の私は奨学金のおかけで東大・ハーバードに行けた」、「大学授業料免除はどこまで拡げられるか」で書いてきた通りなので、詳細は各記事を参照いただきたい。

ここでは、本当に「学生支援機構がサラ金よりも悪質」なのか、比較検証してみたい。

まず、大内教授が語る利率三%だが、これはあくまで上限値であって、実際には市場金利に合わせて金利設定され、変動利率の場合が現在0.3%前後、固定利率でも1%台だ。この問題に詳しいらしい中京大学のセンセーが、意図的なのか無知なのかは知らないが前提の数字を間違えている。

そして、いわゆるサラ金といわれる消費者金融の利率だが、日本貸金業協会によると平均で利率がおよそ15%。仮に上記に挙げられている例で月10万円を4年間借りた場合(総額480万円)を返済しようとすると、毎月6万円返済しても利息分にしかならず、元本は全く減らない。これが学生支援機構の変動利率0.3%程度が継続すると仮定すると、毎月約2万円を20年間で返済が可能となり、利息分は20万円ほどだ。サラ金とどれだけ違う、ありがたい制度か分かる。

ちなみに、「サラ金より悪質」と豪語されるセンセーが教鞭をとる聖学院大学では、みずほ銀行の教育ローンが紹介されているが、変動で3.375.%、固定で4.80%だ。一般の教育ローンと比較しても、学生支援機構の有利子奨学金はかなり待遇がよいことが分かる。それでも、サラ金のほうが良質ということであれば、ぜひ聖学院大学の教え子に奨めていただくのがよいだろう。

私は奨学金の滞納者および、そもそもの貸与者が増加しているのは、ここ20年で私立大学が激増し、その多くの大学で就職率が低いという現状があるからだと認識している。1988年に357校だった私大は2012年には605校と倍近くにまで膨れ上がっている。もちろん、この間に少子化が加速したにもかかわらずだ。大学のセンセー方は、「奨学金よりサラ金のほうが良い」という斬新な学説を唱える暇があったら、学生が就職で失敗したり、中退しないようによく指導していただきたい。それでもまだ、卒業生が「非正規労働にしか就けない」ような大学があるなら、その大学はこれ以上学生に悲劇をもたらさないよう、店仕舞いすることを進言したい。


お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記

お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記