まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

2012年私的10大ニュース

毎年恒例の私的10大ニュースを通して、今年一年を振り返ってみました。

1位 人生の師が他界
私の人生の師ともいえる方が亡くなりました。自分にとって本当に衝撃的な出来事でした。これまでその師を追いかけて生きてきましたし、これからもそうなると思いますが、大きな意味で人生の第二ステージに立たざるを得ない段階に来たということを感じました。さらに、義祖母や他に多くの尊敬する先輩方が亡くなりました。生と死、地上での人生と死後、そして生涯で遺すべきものについて考えさせられました。

2位 第三子妊娠
近親者以外には初発表になりますが、第三子を妻のお腹の中に授かりました!実は夫婦での今年の大きな目標でもあり、今年一番の嬉しいニュース、神様からのプレゼントです。現在五ヶ月目、来年6月の出産予定で今から出会える日が楽しみです!

3位 海外出張延べ9カ国
ペルー、インド三回、フィリピン、韓国、バングラデシュ、スイス、エチオピアを訪問。毎月1回ペースで今年もいろんな国を訪ねました。

4位 ヨス万博への家族旅行含め韓国に度々訪問
子どもを連れて初めての海外旅行に行きました。一番近くて行き慣れている韓国でヨス万博をみにいきました。美味しい海産物に、島で大きなクワガタを見つけたのが思い出です。

5位 『マンガ勉強法』出版
七冊目の本(二冊目の文庫本)を出版。私の追いかけるテーマ「楽しく学ぶ」の実践的作品です。さらにこれまでの執筆業の集大成的な本を書ければと構想中です。

6位 フジモリ元大統領、ダライ・ラマ師面談
海外出張のなかで、世界的に著名な指導者と会う機会がありました。両氏とも不屈の精神で歩んできた歴史を背負うオーラが感じられ刺激を受けました。

7位 出張イクメン生活、動物園、水族館に行きまくる
毎月ある海外出張で家族に迷惑をかけながら、国内にいるあいだは可能な限り家族との時間を大切にしました。子どもたちが動物、魚が大好きになったので、動物園や水族館にたくさん行きました。DVDやカードでもいっぱい遊びました。

8位 国際シンポジウム主催
今年取り組んだ一番大きな仕事の一つ。五大陸でのシンポシリーズのなかの南北米版とアジア版を開催、アフリカ版を準備。

9位 衆院選自民党政権
日本の中で一番大きなニュースでしたね。海外を見れば見るほど、日本は大きく変わらなければ、未来がないことを実感しています。

10位 ハンセン病Facebookページ立ち上げ
これまでのソーシャルメディアの経験をいかして、日本発ソーシャルなグローバルキャンペーンを展開できればと取り組んでいます。

以上、今年一年もたくさんのことがありました。家族に支えられ、義父母、友人、同僚、先輩方に支えられ、親のこともじっくり考える一年でした。そして自分の人生にとっては激震の一年でした。いろんなことがありましたが、「一種希抱」の目標をもって未来への小さな種をまく一年になったと思います。
まだまだ足りなかったなあと反省することも多いですが、来年にまたいかしたいと思います。
皆さん、今年一年ありがとうございました!

当ブログを応援して下さる方は1クリックお願いします→人気ブログランキング