まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

ペルーでフジモリ大統領と

昨日からペルーに入っています。
今日は世界で初めて日系大統領となったフジモリ元大統領とお会いしました。1990年から2001年まで、スーパーインフレで混乱していたペルー経済を立て直し、テロ勢力を制圧、ペルーの国家的礎を築く指導力を発揮したフジモリ氏ですが、今は政敵から根拠なき容疑をかけられ服役中です。
今日訪問したのも収監所の中でした。警察の監視のもと監禁状態が続いており、一年前会った人の話によると、かなり元気がなくなっていたとのことでした。ただ、今日はとても元気そうで、自ら率先して食事の用意までしてくれました。
収監所の中では多少の自由が与えられており、特に絵画に専念されていて、たくさんの油絵が飾られていました。風景画や子供の絵、自画像などがありましたが、特に印象的だったのがイエス・キリストの絵です。技術的にもかなり洗練されていましたが、孤独に耐える現在の心境を反映してかとても訴えるものがありました。
途中から息子で国会議員のケンジさんと、大統領選で惜しくも敗れたケイコさんも訪れ、お孫さんも含めて楽しい和やかな時間になりました。

2016年の次の選挙に向けて準備を着々と進めているとのことで、フジモリ二世、日系三世たちの今後が楽しみです。フジモリさんもいち早く釈放が決まることを祈っています。

当ブログを応援して下さる方は1クリックお願いします→人気ブログランキング