まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

未来の国際派日本人求む!

国際協力グループという新しい部署に異動して3週間が過ぎました。
新たな業務・分野に関する知識を吸収しながら、担当分野と自分自身の専門性やキャリア設計(長期的には夢)との位置づけについて、頭の中で思考を巡らせています。

今日は、「創設」直前で自分が担当することになった事業を紹介します。
つい先日、日本財団国際フェローシップという、公益に資する分野での専門家を最長2年間海外の教育・研究機関に派遣する制度を新設しました。
研究者や行政官、NGO職員、弁護士、ジャーナリスト、政治家秘書などを想定しており、対象は30〜40歳です。学費・研究費や渡航費のほか、住居費、生活費も支給することになっています。

私もハーバードにいた頃から海外事業を行う現職にいたるまで、海外での日本/日本人のプレゼンスの低下や、国際的な場で自らの知見を発表できる人材の乏しさに危機感を抱いていました。そんな危機的状況を打破する一石を投じるフェローシップに創り上げられればと考えています。
世界で勝負するために自己研鑽を積まれたいという方、ぜひ応募してみてください!

詳細は日本財団ホームページを参照ください。

ちなみに、黒川清氏と石倉洋子氏の共著『世界級キャリアのつくり方』という本を今読んでいます。ぜひここで書かれているような「国際派プロフェッショナル」になっていただきたいです!

当ブログを応援して下さる方は1クリックお願いします→人気ブログランキング