まなブロ by 本山勝寛 学びのエバンジェリスト・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

「学びのエバンジェリスト」本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

フジテレビに出演します

先日、フジテレビの番組の取材を受けました。
本日3月4日(金)深夜25:25〜25:55放送の「1924」という若者の討論番組で、男性の育休をテーマにするそうで、実際の育休取得者としての出演です。


近所の公園で長男のまーくんと一緒にインタビューを受けてきました。
これまで新聞や雑誌のインタビューはありましたが、テレビは初めて。しかも「イクメン」として親子での出演も、もちろん初めてです。緊張というより、息子がだいじょうぶか・・・という心配が先立ちましたが、例の「iPhone育児法」によるアンパンマンでなんとか切り抜けました。

イクメンという言葉が流行語になっても、男性の育休取得はまだまだごくわずか。父親の育児理解が進まないことで、母親の負担が減らず、子どもへも心理的影響があるだけでなく、少子化も歯止めがきかないという課題もあります。
私自身、今回育休を取ったのは、もちろん自分の家庭のためでもありますが、社会的にも一石投じられればとの想いから決断しました。テレビを通して、特に若者に経験を伝えられることは意義あることだと思います。

深夜放送なのでみづらいかと思いますが、金曜日なので機会のある方はぜひご覧ください。

当ブログを応援して下さる方は1クリックお願いします→人気ブログランキング