まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

名前の決め方?

愛しいお腹の中のわが子も19週目に入ります。まだ男の子か女の子かも分かりませんが、名前をあれこれと思案しています。
今日は書店で名前の本を買ってきました。イメージやテーマ毎、あいうえお順、漢字別などで名前の例が挙げられているほか、画数での運勢も紹介されています。

私は占いの類は、良かったらポジティブに受け止め、悪かったら気にしないことにしていますが、さすがにわが子の名前は画数の運勢も気にしてしまうものですね。これまで妻と一緒に考えた名前の画数を調べて、「これはいい」「これはダメ」とシミュレーション。ちょっと候補の一つに挙がっていた名前も、画数が良くないと出たので、いったん保留です。
今は要となる漢字を中心にいろんな候補を挙げていっています。まだまだ時間がかかりそう。

ちなみに、私の名前の画数25画は「個性的な面が長所として発揮され、どんな分野にいても認められる。個性の強さがあっても、周囲と摩擦をおこすことなく、能力を発揮することができる。ただし、勝気な面を出しすぎないように注意しましょう。」とのこと。けっこう当たってるかも・・・
私の好きな高杉晋作の画数もけっこう当たっていました。

他の出版社の本も大方似たようなことが書いていたので、あながち無視できないですね。

名は体を表す。
初めての名付け体験。まだまだ頭を悩ましそうです。

こちらの1クリックもお願いします◆人気ブログランキング◆