本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

元極道社長の本『「親のようにならない」が夢だった』

作家デビュー作『僕の独学戦記』を後押ししてくれたのが「作家養成ゼミ」。
その中で、ゼミ生としてご一緒させていただいていた方々のなかで、一番気が合ったというか、自分と同じ匂いを感じた方がいます。

加藤秀視さん。
元極道の方です。
今は、会社を数社経営しながら、不良少年やシングルマザーを教育・更生させる活動にも取り組まれています。
中卒の元極道と貧乏ハーバード卒だけどたどりついたところは同じだね、なんていう話をしていました。
加藤さんのブログはこちら

その加藤さんの本『「親のようにならない」が夢だった―裏社会から這い上がった経営者の人生大逆転物語』が本日発売になりました。出版社はダイヤモンド社さんで、担当編集者さんも僕と同じです。

壮絶な人生を歩みながら、人生の意味、愛の力、家族の大切さ、夢を持つことの素晴らしさをつかまれた方だと思います。話を聞いているとつい引き込まれてしまいます。
ぜひ、読んでみてください。

1クリックよろしくお願いします◆ブログランキング◆