まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

革命

昔の手記を読み返していたら、よく詩を書いていたなぁ、と思い出しました。
そういえば僕は詩集を出すことも、一つの夢というか目標です。
むしろ人生が詩のようでありたい、ただそれだけなのですが。

下の詩は、留学準備浪人中の夏のある日に書いたものです。


果報は寝て待てど
夢幻(ゆめまぼろし)は鬼神雷神
朝日拝むこと万回
されど革命未だならず


意味分からないですね。
でも、今の心境もまた近い気がします。
格通知をもらって1年、ハーバードに来て7ヶ月。
早すぎる卒業を間近にして、希望より焦る気持ちがまさるときが多いです。


その気持ち分かると思われた方、
わけの分からない詩をもっと読みたいという方、
なんだか分からないけど、がんばって!と応援してくださる方、
こちらの1クリックよろしくお願いします。
◆ブログランキング◆