まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

桜咲く!!!

遂に届きました!



待ちに待ち続けた一通の手紙。
一年間(二年間)愛し続けた彼の地から。



題名は"Harvard Graduate School of Education Notification"
「ハーバード教育大学院からのお知らせ」



朝、起きてメールボックスを開くと、一通のメールが届いていました。
また、成績証が届いてないとか言うんじゃないよな・・・
と思いつつも、もしかして合否の通知では、と。



高鳴る胸の鼓動とともに、
軽やかでありかつ重々しい、運命のワン・クリック・・・









I am pleased to inform you .......









私はあなたにこのことを知らせられることが嬉しい








that you have been admitted to the Harvard Graduate School of Education to begin full-time study in academic year 2006-2007 as a candidate for the Master of Education degree in the International Education Policy program. Congratulations!






ハーバード教育大学院に合格しましたよ。(中略)おめでとう!







よっしゃあーーーーーーーーー!!!!!!!!!!



合格です。
ほんとに来ました。
ほんとに合格しました。



目頭が熱くなりました。



すぐに自分を支えてきてくれた愛する人たちに報告しました。
そして、強運を運んでくれた神様に。。
実は、誕生日のちょうど翌日の通知でした。
神様から、粋なプレゼントをもらいました。


ほんとうにほんとうにありがとうございます。
アルクの森田さん、北川くん、他、このブログを通して励ましの言葉やアドバイスを下さった全ての皆様、応援ありがとうございました。
そして、今後ともよろしくお願いします。
益々、日本を背負って世界のために働きたいと思うしだいです。


↓合格の祝福は下のワンクリックで↓
■人気ブログランキング・留学生■