まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

日本発ボーディングスクール

トヨタが主導して進めている中高一貫全寮制の海陽学園
アメリカのプレップスクールイギリスのパブリックスクールをモデルに、「日本のエリートを育てる」というコンセプトのもと始動。

第一期生の募集では倍率4.4倍だったそうです。

信義、礼節、奉仕の精神、健全な身体、強靭な意志の涵養を謡っており、これを全寮制教育を通して行うことはすばらしいと思います。
ただ、これらをどのような思想に基づいて行おうとしているのか、少し見えません。
キリスト教仏教を基礎としている学校はたくさんありますが、企業家精神的なものでどこまでできるのだろうという疑問もややあります。
「ハウスマスター」や「フロアマスター」と呼ばれる、学生と寝食を共にする教師がどのような方々なのか、この教師が「エリートを育てるに足るエリート」なのか、ということも気になります。

カリキュラムとしては、基礎科目重視と国を意識した古典・日本史の強化ということのようです。
注目したいのは、「国内の大学はもとより、海外の一流大学に進学する可能性も開くものです。」とHPにありました。
英語教育、国際的教育、留学支援をどのように展開するか、気になるところですね。
英米一流大学卒のネイティブ教師、日本人教師がいるかという点も知りたいです。

校長の予定になられてる方は、伊豆山健夫東大名誉教授で、開成の校長も最近まで10年間勤めた方のようです。
あまり期待してもなんですが、今後の動きが楽しみな教育機関の一つです。


↓毎日1クリックお願いします↓
■学生ブログランキング<留学生>〜激しい首位攻防戦の結果は!?
■人気ブログランキング留学部門〜こっちは何位かな?