まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

GREスコア伸びず・・・

GRE受けてきました。
40日間の万全の準備(?)で望んだものの、結果は・・・現状維持でした。

Verbal     560 (+10)
Quantitative 790 (−10)

Verbalの手ごたえ的にはもうちょっといってるかと思ったんですが、おそらく最初の5問でしくじったと思われます。
あとのほうは自信をもって答えれた問題が多かったのですが、最初で上限を抑えられたのでしょう。
悔やまれます。

Quantativeは微減しましたが、文系志望ですしあまり気にしていません。
時間が足りず、最後の2問を解けませんでした。

Analytical Writingは前回よりはいい文章が書けたと思います。
前回の反省で、2問目の文章を分析するほうは、理論的問題点をあげるだけで改善策を述べていなかったことに気付きました。今回はしっかり書けたと思います。
しかし、1問目の自分の意見を論述するほうは、いつの間にか時間オーバーになって、途中で切れてしまいました。ある程度言うことは言ったのですが、結論部分が欠けてしまいました。
4.0か4.5行けばいいと思います。

目標のVerbal600には届かなかったため、再受験も考え直しています。
今の実力でもうちょっとあげれることは自分では可能だと思っています。
・今の実力のまま今週にでももう一度受ける
・時間をおいて、もうちょっと対策を立てて11月中に再受験(エッセイを書きながら)
GREは見切りをつけてエッセイに集中する
どの選択がベストでしょうか・・?

自分としてはこのまま終わるのは悔しいので、今週また受けようかと考えています。


合格へ↓   応援の一票↓