本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

オンライン・アプリケーション開始!

出願手続きをいよいよ具体的に始めました。

今はだいたいどこのプログラムでも、Online Applicationといってインターネット上で出願手続きの願書を書き込み送信することができるようです。
海外在住者には、とても便利で助かります。

といっても、必要書類の全てをそれで済ませることができるわけではないようなので、注意すべきです。
推薦書や成績証明証は郵送しなければなりませんし、TOEFLGREのスコアはETSから大学に直接送ってもらわないといけないということに変わりはないようです。
要するに、願書(Application Form)とStatement of Purposeの部分がネット上でできるようになったということでしょう。

オンラインアプリケーションはとりあえず、
ハーバード
スタンフォード
コロンビア
と、志望校3校のアカウントを作って、個人情報などを入力しました。
重要になってくるエッセイや推薦書についはまだです。
他のプログラムも滑り止めとして検討中ですが、この3校を軸に進めていこうと思います。

Applicationのアカウントを作ったことで、「いよいよだな」という気持ちになってきました。
気を引き締めてがんばります。


合格へ↓   応援の一票↓