まなブロ by 本山勝寛 教育イノベーター・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

教育イノベーター本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

財団奨学金2通目

奨学金第2段です。

「平和中島財団」という財団の日本人留学生奨学金です。
今日、提出書類を全てそろえて、郵送しました。

大学院生は月額20万円、最長2年で
募集人数30名(これは財団奨学金の中では多いほう)
です。
採用実績(大学院)を見ると、、
2003年 22/349
2004年 24/346
2005年 25/244
と、だいたい10〜15%の採用率です。
他と比べると、かなり高い確率だと思います。

必要な書類は、、

・申込書
・留学計画書(1ページ、日本語)
・履歴書
・推薦書
・成績証明書
・外国語能力を証明する書類(TOEFL
・(入学許可証)
・返信用封筒

で、多いように見えますが、他(特に伊藤奨学金)と比べるとかなり楽です。

問題はホームページを持ってないようで、願書が取り寄せにくいです。
電話したら送ってくれます。(Tel:03-5570-5261)

これから願書を取り寄せて、応募される方がいらっしゃるか分かりませんが、期限が10月末日なので急いでください。
推薦書をもらうのに多少時間がかかると思います。

僕のライバルになるので、できれば応募者が増えないことを望んでいるんですが、読者のかたであればぜひ応援したいので。。


合格へ↓   応援の一票↓