本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

Verbal600台も見えてきた???

4000語単語リストも3度目のターンが終わりました。

○ 1662 → 2308 (58.4%) 
× 2287 → 1647 (41.6%)

前回から+646単語です。

1ターン終える時間も減ってきて、今回は8日ほどで終わりました。
今回のチェックで約7割まで覚えたと思います。

実は、GRE・Verbalで660を出した方が、このBarronのGRE頻出単語リストを全て覚えるという勉強法をとったそうなのですが、その方法に僕もあやかろうと思ってやっています。
現段階で、PowerPrepをやったところ、
630(90%、22/30正解、最初の5問○○○××)
690(96%、22/30正解、最初の5問○○○○○)
という結果です。
下の記録は、問題を一部記憶していたので、参考記録ですが。
Antonyms、Analogies、Complete Sentenceで安定感が出てきました。
4000単語を完璧に覚えれば、もう少しスコアアップが可能な感触があります。
残り10日間ですが、可能な限りつめていきたいと思います。

前回スコアを落としたAnalytical Writingの対策は最低限にしようと思います。
Quantativeと共に、3日前ぐらいから実践形成で問題を解いて慣れさせる予定です。

10月中にエッセイの1st Draftも書き上げたいのですが、GREが31日に控えていて、やや浮き足立っています。
そこでいいスコアが出せれば、エッセイに完全に集中できるので、今月いっぱいはGREに集中しようかなとも思います。
どうなんでしょうか。。。
ここにきてやや不安ですが、不毛な単語暗記に疲れたら、「夢を語る」エッセイを書きながらやる気でも出そうと思います。


合格へ↓   応援の一票↓