まなブロ by 本山勝寛 学びのエバンジェリスト・日本財団子どもの貧困対策チームリーダー

「学びのエバンジェリスト」本山勝寛の学びのススメ日誌。極貧家庭から独学・奨学金で東大、ハーバード大学院に通い、国際教育政策修士課程修了。日本財団子どもの貧困対策チームリーダー。『今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。』 『最強の独学術』等著書多数。

推薦状

推薦書の依頼を進めています。

ハーバードはじめ大方3通が必要です。

一人は東大時代の指導教授。
MOT(Management of Technology)関係で多くの著作も出している著名な先生です。
既に依頼し、作業が進んでいます。

そしてもう一人は、、、

なんと!

本企画の編集責任者、アドバイザーの学び系アルク取締役、
森田正康さんに依頼させていただきました!

下は依頼メールのやり取りです。

>>>>>>>>>>>>>>>

本山さん、

こんにちは、森田です。

> それと、さらに相談なのですが、森田さんに推薦書をご依頼するということは可能でしょうか?
> 森田さんご自身のご事情と、さほどこれまで接点がなかったという二点においてです。
> ご存知のようにハーバード教育大学院を第一志望として受けるので、同大学院を
> 出られている森田さんに推薦書を書いていただければ、いい評価が得られるので
> はないかと考えています。
> 森田さんご本人がよろしければ、また、それが僕の経歴・ポテンシャリティをア
> ピールするという意味でいい推薦書となるのならば、ぜひお願いしたいと思います。

問題なくかきますよ。ちょうど、推薦状を書いてもらう際に書き手に渡すものがあるのですが、それを僕にください。

1.今までの経歴とその中で自分がエッセイでアピールしようと思っていること。
2.履歴書とその中で自分がエッセイでアピールしようと思っていること。
3.エッセイが出来ていれば、エッセイも。
4.あと基本的に成績等でフォローしてほしいもの。

この辺ももらえればエッセイとアプリケーションにぴったりのものを書きますよ。

よろしくお願い致します。

森田


>>>>>>>>>>


森田さま

推薦書依頼のご承諾、ありがとうございます!!
大変心強いです。

早速ですが、手元にあるものと急遽書いたもの(日本語)で資料を送らせていただきます。

奨学金応募資料、開発スクールという機関に出した志望理由書(これは最終面接で落ちましたが…)、及び経歴とアピールポイントです。エッセイはまだ書いていないので、今のところは、あるもので概要を把握していただければと思います。

質問やアドバイスのほうも厳しくお願いします。

本山

>>>>>>>>>>


ということで、森田さんに手元にある資料(僕の経歴やアピールしたいポイントなど)をお送りして今見てもらってるところです。
他に推薦書依頼した方にも、これから同様に関係資料などを送って、効果的な推薦書を書いてもらえればと思ってます。

このアルクの企画を通して、ほんとにいい方にお会いできて幸いです。
推薦書の執筆だけでなく、的確なご指示、アドバスがとてもためになります!!