本山勝寛:まなブロ

独学で東大、ハーバード大学院に合格し、国際教育政策修士課程修了。アジア最大級の国際NGOである日本財団で、教育や福祉、NPO支援に携わり世界中を駆け回っています。日本と世界に「学びの革命」を起こすべく、学びのススメを綴ります。 『最強の独学術』https://www.amazon.co.jp/dp/447979610X/

タイムスケジュール

ハーバード(他米大学院)アプライまでの計画を明確にしようと思います。

ハーバード教育大学院のApplication Deadline(提出期限)が2006年の1月7日です。
他、スタンフォードは1月4日、コロンビアが1月15日(最終期限は4/15)になっています。

よって、遅くとも全ての書類を今年中に、できれば12月中旬に出したいと思っています。

必要な書類は

・Application Form (入学願書の書類)
・$75 Application Fee (入学審査料)
・Statement of Purpose
(自分の背景と大学院進学目的、及びそのプログラムを選んだ理由を1500wordで書くエッセイ)
・Three Letters of Recommendation (推薦書3通)
・Official Transcript(s) from each Postsecondary Institution Attended (成績証明書)
GRE and TOEFL

です。

TOEFLの受験はすでに見切りをつけたので、前回受験のスコアをETSに送ってもらうようにします。
GREと同時期に送ろうと思います。
GREは次回受験予定が10/31です。
一応、11月にも最後の受験をしようと思っています。そのときにスコア送付を依頼しようと思います。

推薦書は、書いてくれる方3人を、今、検討中です。
10月中に依頼して、月内にファーストドラフトを書いてもらえるようにしたいです。
それをこちらで見直して、11月に完成させたいです。

エッセイは11月に本格的に書き始めようと思います。
今月はネタを考えながら、アイディアをメモしていきます。
11月から1ヶ月半かけて、森田さんの意見をもらいながら、3回は書き直しして磨き上げたいです。

成績証明書は既に取り寄せました。
多分大丈夫なはず。

まとめると、、

10月

GRE対策(語彙強化と実戦形式)
・推薦書依頼

10/31 GRE受験


11月

・推薦書推敲
・エッセイ1stドラフト+推敲
GRE対策(実践形式)

下旬 GRE最終受験(スコア送付)
    TOEFLもスコア送付をETSに依頼


12月

・エッセイ最終ドラフト
・願書書式の記入

中旬にアプライ
 

3〜4月 合格通

桜は・・・


blossom1.JPG